人気ブログランキング |

カテゴリ:その他の機械式時計( 143 )


FENDI(フェンディ)に続き、

ブランド復活と言えば、

このブランドを挙げねばなりません。



それは、


c0284210_23362642.jpg


HUNTING WORLD
ハンティングワールド


c0284210_23365312.jpg


c0284210_23373562.jpg

純粋に、カッコいいですね。


c0284210_23400502.jpg


他にも、サイトの商品を見ると、


c0284210_23223402.png

c0284210_23225813.png


まさに、ファッションブランドの魅力が

c0284210_23391142.jpg


オンラインショッピングのサイトもあり、
色々と選択肢が多い。

そんな復活祝いに、
フェンディに続き、百貨店にて
ついつい買ってしまいました。

やっぱり、ヴィトン、グッチやエルメスだけでは
鞄はつまらない。

ハンティングワールド、軽量で扱い易いのに、
ファッション性が高いのは素晴らしいことです。



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


Rolex Street 6098 は、腕時計ブログです。


by asmars | 2019-01-06 23:45 | その他の機械式時計


ヴァシュロン・コンスタンタンの
初代オヴァーシーズにしました。


いつも見ても素敵です。


c0284210_23350136.jpg

c0284210_23333358.jpg

c0284210_23360934.jpg

c0284210_23375187.jpg

c0284210_23413926.jpg

c0284210_23420542.jpg


本年も、マルタ十字に、平和の願いを込めて。


ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


Rolex Street 6098 は、腕時計ブログです。


by asmars | 2019-01-01 23:55 | その他の機械式時計

クリスマスの連休、夜の銀座へ。


日中は人が多いので、
夜の時間帯が比較的空いていて最適。


向かった先は、MONCLER(モンクレール)。


c0284210_23410808.jpg


このところ人気のCANADA GOOSE(カナダグース)も
選択肢として検討しましたが、
カジュアル感が強いカナダグースよりも、
高級感や上品さが強いモンクレールを選びました。


事前にモンクレールの
公式オンラインサイトで、チェック。

今回は特に著名デザイナーが手掛けた限定ものが、
個性的で気に入ったのです。


以下、カッコいいモンクレールたちの一部


c0284210_23142686.png

c0284210_23150775.png

c0284210_23153613.png

c0284210_23155723.png

c0284210_23191218.png

c0284210_23194215.png

c0284210_23203745.png

c0284210_23213439.png

c0284210_00154047.png

c0284210_00161057.png

c0284210_00002163.png

c0284210_23183284.png


とはいえ、私が最も気に入ったのは、
オンラインサイト上では、
既に、SOLD OUTの在庫切れ。

ダメ元で、お店に電話紹介したところ、
希望サイズがラスト1点あるとの情報。
こりゃご縁ありで行くっきゃない。


他に気になったものに加え、
本命を無事に、バックヤードから出してもらい、
見比べて、やはり本命を購入。


c0284210_23435906.jpg


満足のいく、買い物ができました。

定番の良さに、新たな魅力が加わって、
魅力倍増のモンクレールです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


Rolex Street 6098 は、腕時計ブログです。


by asmars | 2018-12-30 23:42 | その他の機械式時計


爆発的に流行ると、その後は停滞気味になることも多いファッションブランドですが、

そんな停滞を抜けて、完全復活を果たしたブランドが現れてきてますね。

そして、そんなブランドほど、顧客を魅了しようと、

デザイン性に力を注いでいるように感じられ、

私もそんな新鮮味に目が向くことが多くなっています。




まず、一つ目が、FENDI(フェンディ)ですね。



c0284210_14445294.jpg




こんな特徴的なチャームをバックに付けたお洒落れ女子もよく見かけました。



c0284210_14522339.jpg




今年は、スポーティー感も加えたりと、楽しさに溢れた、デザイン。



c0284210_14492471.jpg

c0284210_14502981.jpg



数多くのブランドが個性溢れたデザインで競演してくれるのは、見るだけでもありがたいですね。


ちなみに、フェンディの時計はというと、

c0284210_15480056.jpeg

c0284210_15481968.jpeg



あと、最近では、ヴィンテージフェンディも注目されているようです。




クルマや時計同様で今はないものに、目が向くのでしょう。


ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


Rolex Street 6098 は、腕時計ブログです。


by asmars | 2018-12-27 14:34 | その他の機械式時計

時計の色気


腕時計の色気を最大に感じるのは、ステンレススチールではなく、ゴールド。

所有していれば、きっと、その感覚は理解してもらえると思う。

ホワイトゴールドでもなく、イエローゴールドの色無垢が一番だと。

特にデザインの凝った時計であればなおさらである。

例えば、時計のデザインで色香ムンムンと言えば、
私の中では、ロジェデュブイの初期シンパシー。


イエローゴールドの輝きが、その個性的なケースデザインを最上の衣となって素晴らしい色香を放ってくれる。

ロジェデュブイ、買うならホワイトゴールドより2割増し高くても絶対、イエローゴールドを私はお奨めする。





ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


Rolex Street 6098 は、腕時計ブログです。


by asmars | 2018-04-13 00:01 | その他の機械式時計

時計好きが高じると腕時計以外に、

掛時計も気に入ったデザインのモノを部屋に置きたくなる。


そんな具合で、掛け時計が増え始め、

わざわざ当時のカタログも入手したほど。


c0284210_15264577.jpg
c0284210_15265314.jpg
c0284210_15263708.jpg

そして、いつのまにやら数が増え、

あっという間に掛時計のコレクターにもなってしまった現状がある。






本来であれば、パネライのように純正品の掛時計や

ジャガールクルトのように置時計をロレックスが作ってくれたら良いのだろうが、



デザイン的に魅力的なものとなると、1960年代から1990年代くらいまでの、

ユンハンスやキンツレーの掛時計が、デザイン的にも非常に優れており、

デザイナーズ家具に合わせやすく非常に魅力的なものが揃っている。




こちらは、私の実用コレクションのユンハンスの貴重な掛け時計。


ミッドセンチュリーのデザイナーズ家具に

とても合わせやすく非常に気に入っている。

天然木の無垢材を刳り貫いたもので、木目が美しいだけでなく、

木の温かみや重厚感を感じさせてくれる。




おそらく同じ程度の物を今作ったら5~6万円の値段を付けないと、

完全にコスト割れになるのではなかろうか、と思ってしまう。




一方で、日本では、デザイン的には、クォーツ前のトランジスタクロックが

セイコーやシチズンなどにおいても、非常に魅力溢れるものが多い。




ただし、トランジスタクロックは年代的に古いため、

クォーツに比べ精度面で劣るものも多い。

したがって、1週間おき程度で時間合わせをしなければならないものも、

少なくないので注意が必要である。




最近では、ヴィンテージ家具を扱うショップさんが、

クォーツムーブメントを新品に交換した形で、

販売してくれている安心な個体も数多く見られるようになっている。

もっとも、新品ムーブメントへの交換により販売価格が1万円を超えてくることも多い。




しかし、精度が悪いことでの時間合わせの手間を考えれば、

今はなき卓越したデザインの掛け時計を使えるから、

それは受け入れるべきと思われる。




数多くの掛時計をも集めている身として、

実用を考えての私の購入基準、優先度は以下。



1.新品未使用の新古品

2.文字盤のインデックスがアップライトであったり工夫を凝らしているもの

3.フレームはプラスチック製ではなく木枠であるとより良い。

4.クォーツムーブメントの、秒針の動きが静かなスィープセコンドであると一層良い。




そんな昔の品を購入するには、専門店のほか、ヤフオクやメルカリなどとなろう。さらに海外のEBAYを使えるならより珍しい物を手に入れられるだろう




古き良き掛時計の相場観としては

海外品で人気の高いハワードミラー、ユンハンスやキンツレーの新古品になってくると、

軽く数万円以上の相場になってくるが、

セイコーやシチズンであれば、当時定価が1万円を越える設定でも、

ヤフオクなどで数千円で落札することもまだまだ可能という状況にある。




そんな手頃な値段で入手することができるのであるから、時計好きな方であれば、

室内で眺めることが多い掛時計に凝ってみるのも良いと思う。

きっと部屋の雰囲気も前よりも、ずっと良くなるだろうから。



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


Rolex Street 6098 は、腕時計ブログです。





第2回プラチナブロガーコンテスト






第2回プラチナブロガーコンテスト



by asmars | 2018-01-22 06:00 | その他の機械式時計

ブログ更新をさぼって、年末記事も書かずに、正月休みも終わってしまいました。

10数連休取っていたのに、公私多忙でブログまで手が回っていない状況でしたが、

継続こそ力なりと、2018年の最初の記事です。




さて、2018年最初の一本として、購入を目指し、探している時計があります。

ロレックスではありません。


それは以前、当ブログでも2016年1月に紹介した

キャッスルという海外ドラマで美人刑事が格好良く着けていた時計、

それは、オメガのスピードマスターでして、

ドラマを見て以来、スピードマスターのどんなタイプを選択すべきか、

検討を続けてきました。

当ブログ 2016年1月3日「海外TVドラマで、オメガに注目」記事


しかしオメガのスピードマスターは初期、復刻、限定やら様々なモデルがあり、

しかもサイズ違いや細かなデザインの違い、似たようなものも多く、

長きに渡って悩ましい思いをしてきました。


古いものは値段があまりにバカ高く高騰しているので選択肢にはしたくないし、


似たり寄ったりに、極力ならないデザイン上の個性も欲しいところ。
そしてかぶりの少なさから販売個数の少ない限定モデルが良い。


そんな基準に適合するモデルとなると、選択肢としてあがったのが、



オメガスピードマスターのミッションズシリーズ。各150個限定。



9時のインダイヤルに、NASAの各ミッションごとのマークが描かれており、

個性を発揮していて、とてもカッコ良いのです。



本数が各150個とオメガとしては非常に少ないのに、今でも、運が良ければ、

日本ではまだ各ミッションによっては価格が70万円台くらいで見かけることがある。



どのミッションのマークが好みかは検討中のため、ブログ上では書きませんが、

できれば状態の良いものを手に入れたいなと思っています。



でも、気に入っているミッションのものは、本当に見かけないんですよね。

デザイン的に優れているので、コレクターさんが手放さないのかなと思いますので、

末永く探すことになろうかと。


まあ探しているうちに別のモデルに目移りしてしまう可能性もなくはないですが。



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


Rolex Street 6098 は、腕時計ブログです。


by asmars | 2018-01-20 20:20 | その他の機械式時計

新たな時計選びの視点


最近の私の時計探しでは、新たな注目点としてステンレスとは異なる素材をケースに使った時計に関心をもっています。


カーボン、チタニウム、ブロンズ、セラミック、アルミニウム、タンタルといった素材になりますが、機械式時計では、高い製造コストから種類や製造個数も限られ、比較的希少価値の高いモデルになっていると思われます。


実際、素材価格を見ると、ステンレスよりチタンのほうが高価(ステンレス価格の5倍の値段)であり、さらにチタンの切削、プレス成形や溶接難度も高いこともコスト高の原因のようです。


しかし、ユーザーからすれば、異なる素材を使うことで創出される時計の雰囲気や実用性の高まりは魅力の一つといえます。


素材独自の強みとして、例えば、チタンでは医療機器にも使われる生体適合性があり、錆びないという腐蝕耐性も高く、何より重量がステンレスの60%程度と軽く使いやすい。


またチタンでは艶消しの燻し銀のような素材感、見ためも魅力となります。


そこで今回はチタン製の時計をサルベージして紹介してみたいと思います。


読者の皆様のご参考になれば幸いです。


○パテックフィリップではスカイムーントゥールビヨンやミニッツリピーターやらの特注品しかないようです。パテックへの特注品となると数億円ものでしょう。とても手の届く値段ではないので、次のブランドに行きましょう。


○オーデマピゲではロイヤルオークオフショアでチタンがあります。カラフルで、インパクトのある大きさのケースでも軽いため、永く愛用されている方が多いのではないでしょうか。種類も比較的豊富ですから狙い目でしょう。ちなみにロイヤルオークのチタンとSS併用バージョンもありました。
どんな色味にコントラストが演出されているか、実機を見てみたいですね。


○ブレゲのトランスアトランティック
ステンレスだけかと思っていたらチタンもありました。ステンレスモデルより定価は2割くらいチタン製が高い設定でした。ステンレスモデルと異なり光沢が抑えられ、ミリタリーテイストが強調され魅力的に思えます。値段も手ごろなのがいいですね。


○オメガのスピードマスターやシーマスター
デザインは良いのだけど、近年のデカ厚のステンレスモデルはブレスも重くて嫌だという方には、見た目のインパクトと使い勝手を両立させようとするとチタンモデルは最適でしょう。オメガもカラーデザインが豊富で、選ぶ楽しさがありますね。これは悩んでしまうほどかもしれません。


○IWCのアクアタイマーやインヂュニア
特殊仕様性を感じさせるケースデザインだけに、チタンが似合うデザインといえます。より実用性が高くなることでしょう。
昔の値段とそんなに変わらない、あまり値落ちしていない感じがしますので、デザインの普遍性による持続的な人気の高さありというところでしょうか。IWCのクォーツモデルでも面白いのが多いですね。


○ウブロではビックバンやクラシックなど。
素材の組み合わせが面白いのが結構あり、他との被りにくさを高めてくれるでしょう。もう少し価格設定を控えめにすれば、より購買者が増えるように思います。


○チュードルのペラゴス
ロレックスマニアなら、ロレックス品質のチタンケースを味わうのに最適なモデルであろうかと思います。
他のブランドとのチタンの質感の違いなど、お持ちの方がいらっしゃれば、この時計の評価レポートはぜひ聞いてみたいですね。
誰かいらっしゃいませんか?


兎に角、使ってこその時計。飾っているだけではもったいないですから、使い勝手の良い時計を選ぶ視点が大事かと。
満足する時計のほかに、使える時計を沢山そろえると、楽しい時計ライフが送れると思います。




ブログランキング・にほんブログ村へ

Rolex Street 6098 は、腕時計ブログです。


by asmars | 2017-08-06 19:02 | その他の機械式時計

世界の大富豪のイケメン御曹司の腕時計

気になりますよね。



c0284210_11183215.jpg





まず、一人目は、この方。

超有名なハリウッド俳優のご子息。

c0284210_09464942.jpg





さあ、誰の子息でしょうか。









c0284210_09472482.jpg



パトリック・シュワルツェネッガー

(Patrick Schwarzenegger 1993年生)







その時計は、



c0284210_09480079.jpg


c0284210_09481527.jpg



パトリック・シュワルツェネッガーの時計は

オーデマ・ピゲ(AUDEMARS PIGUET)の

ロイヤルオーク オフショア クロノグラフでした。










さあ、続いては、

あの有名なロスチャイルド家の御曹司である、

ロスチャイルド・デ・デイヴィット

David de Rothschild 1978年生)。

c0284210_09523988.jpg




推定資産規模は4桁億円だそうな。

冒険家でもある彼の時計は。


c0284210_09525411.jpg



ロスチャイルド・デ・デイヴィットの

時計は、IWCのインヂュニアでした。



c0284210_09533492.jpg



とはいえ、公式パートナーとして、

IWCがスポンサーについているからという声も。


c0284210_09531421.jpg



億万長者ゆえに、リセールなど気にせずに、

好きな時計を選ぶという感じなのでしょうかね。




ブログランキング・にほんブログ村へ

Rolex Street 6098 は、腕時計ブログです。


by asmars | 2017-07-24 12:00 | その他の機械式時計

昔は高かった時計



昔は安かった時計の紹介をしていると、

今は高くなった、買えないなんて話になりがちですから、

たまには、その逆をと。






昔は高かったのに、今は割安の時計を

紹介してみたいと思います。







紹介するのはこちらの世界の腕時計




1995年(平成7年)時のもの。

c0284210_23371276.jpg



注目すべきは、カラトラバとゴールデンイリプス。

カラトラバよりもイリプスのほうが高いのです。


c0284210_23380739.jpg
カラトラバRef.3992YGロマンインデックスが
210万円に対して、
ゴールデンイリプスRef.3738ブルーは
233万円と、イリプスのほうが高いのです。




c0284210_23383479.jpg
ゴールデン・イリプスRef.3948
ポーセリンホワイトダイヤルに
ローマンインデックスは、
お値段410万円なり。



約22年前の販売価格を踏まえて
現状の中古市場価格を見れば、
ゴールデン・イリプスの価格は割安と
感じられるのではないでしょうか。




昔は高かったのに、今はそれほど高くなっていない、
時計に目を向けてみる時期かと思しれません。


ブログランキング・にほんブログ村へ

Rolex Street 6098 は、腕時計ブログです。


by asmars | 2017-06-29 06:30 | その他の機械式時計

Talk about Rolex Style 機械式時計の魅力を紹介 rolexblog


by 遊馬