人気ブログランキング |

様々な見方を道連れに


道連れにしたい愛用時計は、多々あれど。

c0284210_20074078.jpg


世間が賑わっている事件で、どう感じ、思われましたでしょうか。。



ツイッターに、投稿された内容を紹介しながら、

考えてみたいと思います。




まずは、

こちらのツイッター画像(見えてない端の部分)に注目。








これは、そう思ってしまう人も多いかと感じたけれど、

ZOZOの前澤社長も





正直、同感だなあと思ったのですが、



しかし、ファンからなのか、判官贔屓により批判にさらされ、



とはいえ、まあ、シニカルな応援ですよね。


ただ、芸人に笑いがなくなったら、芸人生命終わりとも言えます。



今回にようなことは、今後お笑い芸人として笑いをとる場面で常に付いて周りますから。



あと、アッコにおまかせの記者質問

「今の気持ちは、何色?」 が、責められていますが、

私は、白黒付けて欲しかったですね。


彼の芸人生命をかけて。



そういう、見方によっては意地の悪い質問も想定していなきゃと。



でも、上のツイッターの前澤社長的に、

アッコにおまかせの記者がお笑いに良心的であったがゆえに、

芸人らしさを出してもらいたいと意図した質問であったとも思いたいですね。



だって、芸人らしさを捨てなかったがゆえの、オフホワイト発言であったはずでしょうに。

この辺りは笑いの許容度の差にすぎず、場違いだとかで、けしからんと責め立てるのは、ちょっとそれは行き過ぎにも思えます。



結局、番組は謝罪に追い込まれていましたが、

むしろ、多少の批判やクレームにさらされるくらいで、

すぐ謝ってしまう最近の姿勢が、言論の自由からしても、

かなり問題な風潮だと私は感じています。



そんな一方方向に偏る群衆が溢れる怖い状況下でありましたが、

ちゃんと天の邪鬼な方々がいてくれてるのには、正直、安心しました。

多様な価値観、見方や評価による様々な言論があってしかるべきですから。








さて、今回の会見、結局のところは、

引退は考えていない、だからということでしょうか。

































































































一方で、仲裁に動いた松本人志さんは、


松本は「(宮迫たちの)穴埋めのためにノーギャラで出演する」という旨の発言の真意を問われると「『ノーギャラでやります』というと、スタッフの方が気を使って逆に依頼をしてこないだろうという僕の作戦です…」とボケを入れると、スタジオは笑いに包まれる。

さらに「今のところ1本も(オファーは)きてないです。作戦大成功」と、こういう場でも笑いを忘れない姿勢を見せていた。

流石ですね。

最終的に、どう落ち着くか、選挙結果以上に、注目してしまいそうです。


c0284210_20080762.jpg


Rolex Street 6098 は、腕時計ブログです。



PVアクセスランキング にほんブログ村
by asmars | 2019-07-21 19:40 | ROLEX

Talk about Rolex Style 機械式時計の魅力を紹介 rolexblog


by 遊馬