人気ブログランキング |

ロレックスの転売屋対策



ロレックスが転売されやすい理由は、換金のしやすさが一番なのでしょうが、そもそも転売が行われてしまうのは、私にはその買いやすい値段設定にも原因があるように思えます。


ロレックスにとって、本来買って欲しい層に、買われるべき層の手元に届かない現状の解決に、対策として1つ考えるのは、
一般的なノーマルのクレジットカードの利用上限の200万円、ゴールドカードの利用上限である300万円を越える価格設定にすれば良いように思うのですね。


デイトナなら300万円オーバーに定価をしてしまうとかね。


そうなれば、カード限度額を越えてしまう、転売目的で小銭を稼ぐような方々は、まとめ買いしにくい状況になるのではなかろうかと。またコーポレートカードなども利用不可にすべきでしょう。
マネーロンダリングにも利用されかねない現状がありますし。



c0284210_00220640.jpg


また、本来、まともな経営者なら、特にSSロレックスにおける現状の小売り価格と中古市場価格の過剰なまでの逆転現象を考えて、
SSの価格設定を現状より引き上げる方向に舵を切るのが賢明かと思います。



一方で、スポーツモデルの金無垢は、流通量を抑える戦略をとるのが、ロレックスブランドをより一層に、高めることになろうかと思います。実際、ことスポーツモデルの金無垢は、近年入荷が減っているようです。



ロレックス経営陣としては、せっかく高額な値段を払っている側が、より満足度を味わえる環境を構築できるか、ロレックスの更なる成功、パテック・フィリップ超えは、そこにかかっていると私は思います。


そういうことを考えると 
クレジットカードの利用上限を考えた、価格設定は
ブランド価値に加え、転売屋対策にも有効と思われ、

その価格境界線を踏まえて、ロレックスも、小売り価格の上方改定に向かうべきかと。


また、裕福な方は、金無垢ロレックスを選ぶ、
それほど裕福でもない方は、SSロレックスを選ぶ、
といった方向付ける戦略もありでしょう。


個人的にはドラスティックに、ロレックス価格ショックを起こすくらいでも良いかなと思いますが、経営陣としてはそこまでさせない形で段階的に、価格を引き上げて行くのが賢明と考えるのではないでしょうか。

新ムーブメントへの変更よる価格引き上げはしやすいでしょうし。

そういうことを踏まえれば、よほどの円高でも起きない限り、価格が下がるのを期待しにくい環境は続く可能性が高いと見るべきかもしれません。



Rolex Street 6098 は、腕時計ブログです。



PVアクセスランキング にほんブログ村
by asmars | 2019-02-10 00:21 | ROLEX

Talk about Rolex Style 機械式時計の魅力を紹介 rolexblog


by 遊馬