論争、スーツに合せる時計とは。


スーツにロレックスの選択。

スーツにサブマリーナーやデイトナを合せるのは、いかがなものか論争。


以下、1及び2をご覧頂き、ぜひ読者の皆様のご意見をお聞きしたい。

興味深い議論だと思う。

なお、いずれの質問、回答にも、私は一切、関係当事者でない。




ヤフー知恵袋より



c0284210_22543390.jpg

私はオンタイムに、サブマリーナを使うことがあるのは、実は雨の日くらいです。

ロレックスのスポーツモデルにおいては、
むしろオフタイムのカジュアルスタイル利用が中心です。
とはいえ、他にもたくさんあるので、使う機会は少ないですが。

サブマリーナのビジネスシーンでの利用に関しては、
6桁のサブマリーナ、特にデイト付きは、ベゼルがブラックのみであれば、
比較的ラグジュアリー感が強いため、許容余地はあるとは思います。
デイト無しよりは、デイト表示があるほうがビジネス向きな雰囲気は出やすいかと。




ただ、青黒ベゼルのGMTは、ビジネスシーンで使うことはないです。

理由は、単に目立ちすぎるから。
スーツに合わなく無いとは思うのですが、着けてみると、目立ちすぎるんですよ。
自己主張し過ぎた感じにもなってしまう気がして。

c0284210_22483518.jpg
でも、カジュアルなスタイルでは、カラーがあると、良いアクセントにはなります。




時計の付け方は、ひとそれぞれ。
色々な使い方あるでしょう。




控えめながらも、時計に詳しい、あるいはわかる人が見ればわかるような
そんな玄人向けの良い時計を着ける。
時計が主役過ぎてはいけない。脇役であること。
それが私のビジネスシーンで使う時計への価値観。




だから、異なる価値観をお持ちの方が、
ビジネスシーンで自分の価値観を表現されているのを、
目にすることができるのも、私は楽しい一時であります。



画一性を持たず、違いがあるから、色々な価値表現があるから、
面白いと思っています。

そういった価値表現を、言論の場で展開するのはもちろん良きことです。
時計リテラシーを高める一助になると思います。


様々な言論が市場に存在し、色々な立場で意見を述べあい、
その論理性の有無や読み手の納得感によって、
淘汰され、良きものが残っていく。


言論の自由競争市場の大前提は、様々な言論・意見が
発信され、それを読んでもらえることだと思っています。




だから、

気に入らない言論や意見があっても、

c0284210_22253216.jpg
って、怖い過剰対応はしないで欲しいですね。


ディベートを学んでいない日本人は難しい面はありますが、
あくまで当該言論や意見の矛盾点等を指摘する反論に留めるレベルが良いのではと。






[PR]
by asmars | 2015-10-23 23:14 | ROLEX