時計の売買・保管、リスクに敏感に


時計の売買・保管、リスクに敏感に_c0284210_15301674.jpg




久々に時計好きを驚かせる事件が起きましたので、
ご紹介しておきましょう。



東京・麻布 オークション出品者ハンマーで襲われ高級時計奪われる
2021年1月10日 12時04分 TBS配信







男性はインターネットオークションの出品者で、
待ち合わせの場所で被害にあったそうです。
やはり直接取引は怖いですね。




そして、オークション取引以外にも、注意が必要なことは沢山あります。




自分でヤフオクやメルカリに出品する作業も省略できると、
委託販売を選択される方が一定数いらっしゃるかと思います。



しかし、換金価値の高いロレックスを中心とした腕時計の委託販売には、
委託する時計の持ち主側に高いリスクがありますので、注意が必要です。



以下の事件があったことは、読者の皆様はご存じでしょうか。















事件の対象物となった楽器を、時計の委託販売に置き換えて、簡単に言ってしまえば、

委託販売のためお客から預かった時計を格安で近隣の時計店に売却していたという事件です。

当該会社はもちろん倒産してしまうという話。




ロレックスの値段は、三桁万円ともなる高額なものですから、
同じような目に遭ったらと、想像するだけで恐ろしい話です。
経営規模が小さな個人商店に、時計を預ける委託販売は
結構リスクが高いということがわかります。



委託をする側の時計所有者としては、もはや自衛策としては、
●経営状況がある程度わかる、大規模な法人以外の委託販売は、利用しない。
●極力、長期間、店側に預けることはしない(自分の手元に置いておく)。
この2点を守ることに尽きると思います。




このほかにも、
平成25年には客から預かった高級腕時計を質屋で換金した上、
修理費用をだましとったとして
業務上横領などの疑いで元時計店経営者が逮捕されたという事件も。


警察によると、客から預かった時価130万円相当の腕時計を
質屋で換金した上、修理費用として現金45万円をだましとったなどとして、
業務上横領と詐欺の疑いがもたれています。
容疑者は同様の詐欺の罪ですでに起訴されていますが、調べに対し容疑を認め、
得た金は経営資金にあてたと言っているということです。




警察によりますと容疑者は高級腕時計のロレックスを所有している顧客を狙って
「安く点検する」ともちかけていたということで、警察には
預けた時計が戻ってこない」という相談がおよそ70件寄せられ、
被害額は1000万円を超えるそうです。





そして、高額な時計の保管の仕方についても考えさせられる
こんなニュースも昨年ありました。




高級腕時計など窃盗、容疑者ら逮捕 ゲームで知り合った被害者長男から保管場所聞き出す
2020年6月9日 22:55




たんすで保管されていた高級腕時計など8点(計約910万円相当)。
被害者男性の長男(21)から時計の保管場所などを聞き出していたそうで、
親子関係が悪かったそうです。今後、長男も窃盗容疑で書類送検する方針。



親子関係は大事ですね。
長男は小遣い程度の報酬でももらう約束をしていたのでしょうか。



自宅には、必要以上に置いておかないこと。
使う時計を最低限の本数に止めて、
銀行の貸金庫にでも預けておいた方が無難かと思います。
年間ベースで見れば、大した金額でありませんので。


#ツイッター #委託販売 #時計 #倒産 #持ち逃げ #直接取引 #オークション





Talk about Rolex Style. The blog is Rolex Street 6098.

PVアクセスランキング にほんブログ村


時計ランキング

Rolex Street 6098 は、ロレックスを中心とした腕時計ブログです。


# by asmars | 2021-01-16 10:30 | 時事ネタ雑感

Talk about Rolex Style 機械式時計の魅力を紹介 rolexblog


by 遊馬
更新通知を受け取る