<   2016年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧





金無垢時計の会「ジパング」へ、

ソリッドゴールド様よりメールを頂きました。

さっそく紹介させて頂きます。



・・・

遊馬 様

はじめまして。
私はロレックスの金無垢時計、
特にデイデイトに魅了されております

ペンネーム " ソリッドゴールド"と申します。

綺麗な時計の写真とともに時計好きには
たまらない魅了的な記事をご紹介されている
遊馬さんのブログを発見、そこに金無垢時計の会「ジパング」
なる金無垢時計の普及を目指すプロジェクトがあることを
知り私も賛同させていただきます。



私はこれまでデイデイトの魅了されて、
YGの他に色違いのPG、WGの4桁と
5桁モデルを収集してきました。


そして長年にわたり売買を繰り返し結果、
最終的にはYGだけが手元残っております。


PGやWGのデイデイトも
YGにはない魅力がございましたが異なる色の
金無垢素材のデイデイトを一通り収集してきた私は
やはり純金本来の色である黄金色に輝くYGが
一番好きで飽きることがないということが分かりました。


今回ご紹介させていただく金無垢時計は
最近海外より購入して、日本ロレックスのメンテンスを
無事に完了して戻ってきたばかりの激レアな個体、
サンダーバード最後の金無垢モデルである
サファイアクリスタル風防の5桁モデルのRef.16258です。


c0284210_12405877.jpg

こちらの個体は探せば見つかる4桁モデルの
1625/8ではなく、流通量が極めて少ないため
海外においても簡単には見つけることが出来ない
大変希少な5桁モデルのRef.16258です。

c0284210_12412486.jpg

私のRef.16258は大変色味の良い
ブルーグラデーション10Pダイヤモンドのダイアルが入っていて、
このダイアルとサンダーバードの一番の特徴である
個性的なベゼルとの組み合わせが大変気に入っています。

c0284210_12414383.jpg

私はこのブルーグラデーション10Pダイヤモンドの
ダイアルとサンダーバードの個性的なベゼルとの
見たことのない強烈なインパクトに魅了されて
購入意欲を抑えることが出来ず購入してしまいした。。。(笑)

c0284210_12435622.jpg

このRef.16258はデイデイトほどの迫力がない
デイトジャストの金無垢モデルとなりますが、
このブルーグラデーション10Pダイヤモンドと
ベゼルとの強烈なインパクトと
デイトジャストの金無垢モデルとしては
珍しい5桁用のフラッシュフィットナンバーNO.55の
三つ折れのプレジデントブレスレットも装着されているため、
デイデイトも顔負けの迫力とオーラがあるところが
大変気に入っております。




おまけとして私が所有しています5桁デイデイトで
一番肉厚で迫力のあるケースを持つRef.18078デイデイトのバークを
Ref.16258の隣に並べた写真を添付致します。

c0284210_12442841.jpg

こちらのRef.18078バークはベゼルに
時間の刻みがない前期型のバークベゼルを搭載した
ノンポリッシュの個体です。


このRef.18078も海外購入になりますが入っている
ダイアルが通常の白色のダイアルではなく
大変希少なエナメル素材のホワイトステラダイアルになります。


このホワイトステラダイアルは
他の5桁デイデイトにその存在が確認され
超高額にて取引きがされているターコイズブルー、レッド、
グリーン、ピンクなどの色違いのステラダイアルと同じく
当時日本からは全くスイスオーダー出来なかった
ダイアルのため日本ロレックスのカタログには
掲載されていないダイアルです。


このダイアルはその材質がエナメルのため
透明感と奥行があり見る角度によって
違った色に見える大変魅力的なダイアルになります。


通常はデイデイトのYG用の白色ダイアルは
レタリングが必ず黒色になりますが、
このホワイトステラダイアルはYGのデイデイトのホワイトの
ダイアルとしては唯一のゴールドカラーのレタリングになっていて、
ノンポリッシュのビンテージな雰囲気に
経年変化しているバークのデイデイトに
大変似合っているところが気に入っています。


このRef.18078に関しましてはまたの機会に
ご紹介させていただきたいと思います。。。

これからも遊馬様の素晴らしい時計ブログを
楽しみにしております。
それではよろしくお願い致します。

  ソリッドゴールド


・・・


ありがとうございます。

それでは、ソリッドゴールド様の
こだわりの金無垢時計コレクション。
まずサンダーバードから、コメントしていきましょう。

このブルーグラデーション(デグレードともいう)
文字盤は、何度か実物でも拝見しておりますが、
照明に当てると、ダイヤの輝きが、
まるで宇宙に煌めく星たちのように見える
美しさがあります。

光の加減で変化するシェルの美しさ、
様々な模様が楽しめる希少石同様、
グラ―デーションは美しい文字盤の
一つだと思っています。

それにしてもサンダーバードのベゼル、
ソリッドゴールド様がおっしゃられるように、
金無垢感を一段とアピールしてくれていて、
実に新鮮ですね。
ソリッドゴールド様の物欲を刺激したのもわかります。

そして、ソリッドゴールド様は、
私のデイデイト同じ前期型バークという
待望のデイデイトホルダー様でもありました。

バークは金の造形美がより強調されて
金無垢の魅力をより感じられますが、
それに美しいホワイトステラ文字盤が加わるとなると、
デイデイトRef.18078
さらにじっくりと見てみたくなりますね。、
ソリッドゴールド様からのまたの紹介、
楽しみにしております。

最後に、ソリッドゴールド様へ
メール返信を致しましたところ
さらにご返信を頂きましたので、
せっかくの機会ですので、掲載いたします。



・・・
遊馬 様

ご連絡ありがとうございます。
デイデイトRef.18078の重量は
Ref.18238に比べて重いですね。

これはケースサイズがRef.18078は
Ref.18238に比べて肉厚なので
その分重量があるようですね。

また、Ref.18078のブレスレットの真ん中
コマのバークの部分が無垢のために
Ref.18038に比較して重量に差が出るようです。

バークではないRef.18038やRef.18238など
ブレスレットの真ん中のコマは
コマの中身が詰まっていない
中空仕上げのため重量が軽くなるようです。

また6桁モデルはブレスレットの3コマ全ての中身が
詰まっているために5桁モデルと比べて
圧倒的に重量が重くなります。

遊馬さんのブログへの掲載を楽しみにしております。

またサンダーバードの迫力が上位モデルのデイデイトに
負けていないところを遊馬さんのブログの
読者の方にも見ていただきたいと
思いますのでデイデイトの写真の掲載も
よろしくお願い致します。

また私が遊馬さんにお送りしました時計の
説明文は長文になってしまってすみません
でした。。(笑)

・・・


メールから、ソリッドゴールド様の
金無垢時計への愛情が伝わってきますね。

18078の他の5桁と比べての肉厚感は、
当時のこのデイデイトの販売価格設定が
高くなっていた点からしても、
他より金の量が多いということなのでしょう。


今回の金無垢時計も、これまでお送りいただきました
金無垢時計と同様、ご所有者のこだわり溢れる
素晴らしいものでした。

ソリッドゴールド様、お写真ありがとうございました。


金無垢時計の紹介、まだまだ続きますよ。


http://rolex6098.exblog.jp/23950185/

http://rolex6098.exblog.jp/20481467


引き続き、読者の皆様の金無垢時計の写真をお待ちしております!





ブログランキング・にほんブログ村へ

Rolex Street 6098 は、腕時計ブログです。


[PR]
by asmars | 2016-08-20 14:04 | 金無垢時計の会「ジパング」 | Comments(4)

美しいゴールドの競演




ブログがご縁で、色々な方々と、


時計やファッションに関する


メールのやり取りをさせていただけるのは、


楽しい時間であり、ありがたいものです。







今回は、金無垢時計の会「ジパング」会員の、


じぇんとる様より、


素晴らしい写真を頂きましたので、


さっそくブログにてご紹介させていただきます。










初夏、金閣寺(鹿苑寺)へ参って


記念写真を撮ってこられたのこと。



c0284210_17423963.jpg



そして、じぇんとる様が金閣寺に


合わせる時計は、もちろん、


ロレックスのデイデイト。しかも美しいシェル文字盤。

c0284210_17425502.jpg


実に、金閣寺とロレックスのデイデイトの


コラボが絵になりますね。




鏡湖池の柔らかな水面とともに、


ホワイトシェル文字盤がとても爽やかな印象です。







私も京都に行く際には、金閣寺に立ち寄って、


ぜひこの素晴らしい構図で


金無垢時計の撮影に挑みたいです。





じぇんとる様、写真のご提供ありがとうございます。


これからも、金無垢時計、デイデイトの魅力を


一緒にPRしていけましたら非常に嬉しいです!







金無垢時計の会による、金無垢時計紹介、


まだまだ続きますよ。









ブログランキング・にほんブログ村へ

Rolex Street 6098 は、腕時計ブログです。


[PR]
by asmars | 2016-08-13 18:18 | 金無垢時計の会「ジパング」 | Comments(2)

時計の聖地へ



休暇を終え、昨日、新聞各紙を見ておりましたら、

2016年8月5日の日経MJで、こんな記事が出ておりました。


c0284210_23140049.jpg



一面に、「銀座地図、10年の進化」と題して

並木通り「時計の聖地に

という記事が掲載されていた。



ウブロやジャーガールクルト、ランゲやロレックスなど

高級時計7ブランドの時計ブティックが

集まる「時計ストリート」の出現と。

訪日外国人(インバウンド)をテコに

アジアのショールームになった銀座とある。




この変化は銀座だけではないようだ。

記事の続きに、



「高島屋玉川店(東京・世田谷)の1階では

時計の売り場が広がった。

フランクミュラーでは600万円以上の時計を巡り

争奪戦が起きている。」



と書かれている。





ロレックスやパテックやAPやヴァシュロン、

さらにはランゲやウブロやら

色々な機械式時計を所有しているけど、

フランクミュラーも十分に良い時計ですよ。



女性にいまだ根強く支持されているのも、

デザイン感の良さがあるからでしょう。





そして、フランクミュラーの複雑時計

私のQP

トノーカーベックス パペカレも、

故障などなく、快調に動いております。

もちろん国内正規品です。





さて、金無垢時計の会ですが、

休暇中、メールを複数頂いておりまして、

休暇気分を抜いて、

素晴らしい金無垢時計の魅力をお伝えすべく、

当ブログ更新を頑張らねばなりません。




記事の掲載をお待たせしておりますが、

もうしばらくお待ちくださいね。



ブログランキング・にほんブログ村へ

Rolex Street 6098 は、腕時計ブログです。


[PR]
by asmars | 2016-08-06 23:26 | その他の機械式時計 | Comments(0)