<   2015年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧

ブライトリングの時計


私は、こういうヴィンテージのブライトリングもいくつか持っています。


c0284210_00152080.jpg

こういう時計も好きなんですね。





このシャツにはちょっと似合っていませんが、

こればかりは撮影のタイミングゆえご容赦を(笑)



c0284210_00184057.jpg



これは学生の頃、海外で買い集めていたものの一つです。




気が向いたときにたまに使っていて、なじみの時計屋に電池交換を

いつもお願いしておったのですが、

今回、電池が切れてしまったのを機に、ブライトリングにて、

オーバーホールを実施してもらうことを考えています。




そこで、どなたかブライトリングに詳しい方、

古いブライトリングをオーバーホールに出した読者様におられましたら、

以下の点につき、コメント頂けたら嬉しいです。



1)国内正規でない、80~90年代の古いブライトリングはどのような扱いになりますかね。


2)クォーツですが、正規オーバーホール代金どのくらいイメージしておけばよいでしょうかね。


3)風防の交換は難しいでしょうかね。





本日もご愛読ありがとうございました。




[PR]
by asmars | 2015-02-26 00:01 | OTHER | Comments(8)

海外サイトにて、世界でたった3本しかない、

非常に価値のある希少なオーバーシーズの情報を発掘しましたので、

ご紹介させてください。

なお、私の和訳のレベルについてはどうか目をつぶってくださいね(笑)。


・・・・

The watch I wore most this year is, at first glance, a very unassuming watch.
But take a closer look. The crown is on the opposite side of where it's supposed to be.

私がこの年一番着用した時計、それは一見すると、とても控えめな時計かもしれない。
でも、しっかり見ると、リューズの位置が通常とは逆になっている。






It's one of only three left-handed Vacheron Constantin Overseas watches produced - and the most exciting watch I've purchased in quite some time.

これは、3本だけしか生産しなかった
左利き用ヴァシュロン・コンスタンタンの
オーバーシーズのうちの1本なのだ。
私の購入した中で最もエキサイティングな時計※だ。

※文字板上に「T SWISS MADE T」の記載もないところが特別品の証でしょうか。



c0284210_23225030.jpg


These three were the very first Overseas watches, custom made in 1996 for Johann Rupert, chairman of the Richemont Group - a lefty who wears watches on his right wrist.

これらの3本の最初期のオーバーシーズは、
リシュモングループ会長のJohann Rupert※氏のために
1996年にカスタムメイドされたものだ。
そう、左利きの彼が、右手に着用するための時計であったのだ。

※リシュモングループは、1988年に南アフリカの実業家
ヨハン・ルパートによって創業されている。





It even has a unique reference number - 42041 versus 42040 used for regular production models.

この時計には、レギュラーモデルに使われる
リファレンスナンバー42040ではなく、
42041というユニークナンバーが使われている。





With his name engraved on the clasp, they were given to him to both test drive and commemorate his purchase of the brand that year - just prior to the official launch of the Overseas line.

これらの時計のクラスプには彼の名前がエングレーブされ(刻まれ)ているが、
それはテスト着用と、この年のブランド買収記念※のために贈られたからだ。
まさにオーバーシーズの公式発表に先駆けて。

※ヴァシュロンは、1996年には高級時計の大手
リシュモングループの傘下入りしている。





I love its blue dial, reasonable 37 mm case size, and its superbly made bracelet - perfect for everyday wear.

私はこのブルーダイヤルが大好きで、
合理的な37mmケースサイズに、見事なブレスは、
日々の普段使いとしてパーフェクトです。

・・・・


いかがでしたか、この極めて希少なオーバーシーズのストーリー。
こういう話があるから、時計は面白いのです。

やはり時計は、色々な種類のブランドを数多く持っていたいですね。




そうそう、ブルーのオーバーシーズと言えば、
今回紹介した左利き用ではなく、こちらは通常の右利き用ですが、
同じブルーのオーバシーズ(ラージ・自動巻)の入荷が
2015年2月にあったようです。

c0284210_23533417.jpg



でも、さすがにもう売れてしまったかな。


c0284210_23540691.jpg

オーバーシーズのネタの次回は、時計の細部とその着用感について、
記事を書きたいと思っています。

その前に、別の時計の記事をおそらく入れると思いますが。






[PR]
by asmars | 2015-02-24 07:02 | OTHER

F.P.ジュルヌの逸品達



F.P.JOURNE フランソワ ポール・ジュルヌ。

その時計は、年間製作本数が850本程度ですから、

中古市場でもなかなか目にすることはありません。

そんな中でも、ディスコンティニューとなっている名作達が

稀に放出されることもあり、そんな逸品を今回紹介したいと思います。







ジュルヌの時計写真ですが、

GMTさんが多数取り扱われておられましたので、画像をお借り致します。

なお、以下の時計は、全て既に売り切れておりますので、ご注意を。






さあ、時計好きな読者の皆様を、ジュルヌの世界へ誘いましょう。




まさに、

c0284210_22160361.jpg

なんて、画像をつけてしまいましたが、ちょっと、格好つけすぎたかな(笑)。








F.P.JOURNE フランソワ ポール・ジュルヌ
オクタ パーペチュアルカレンダー 【中古】 (税込 6,459,429 円)

c0284210_12065249.jpg

永久カレンダーゆえ、お値段も張りますが、
リューズのゴールドが良いアクセントになっていますね。
99本限定、グレー文字板に、ゴールドのブランドロゴが映える
スポーツモデルのような雰囲気もありつつ、上品で洗練さが際立っていますね。




F.P.JOURNEフランソワポール・ジュルヌオクタパーペチュアルカレンダー【中古】【楽ギフ_包装選択】【楽ギフ_のし宛書】【YDKG-m】【送料無料】【あす楽_土曜営業】【あす楽_日曜営業】【あす楽_年中無休】


F.P.JOURNE フランソワ ポール・ジュルヌ オクタ パーペチュアルカレンダー 【中古】
【時計】 【送料無料】 【あす楽_年中無休】
中古品
商品番号 3000007759724
価格5,980,953円(税込 6,459,429 円) 送料込

売り切れました(価格は前回の販売価格です)


商品おススメポイント
2009年東京ブティック5周年を記念して99本限定で生産された希少モデル
月の長短と閏年を自動で計算するジュルヌ初の永久カレンダーを搭載しています
閏年の2月は、フランス語で閏年を表す「BISSEXTILE」の頭文字を合わせた「BFE」と表示されます
本来は革ベルトのモデルですが、ブレスレットが装着されています
保証書日付2009年10月
2014年2月メーカーにてオーバーホール・仕上げ済み
メーカー純正新品クロコダイルストラップが付属しています
※ブレスレットの長さは腕回り最大約17cmまで対応
モデル名F.P.JOURNE フランソワ ポールジュルヌ オクタ パーペチュアルカレンダー
仕 様永久カレンダー/Perpetual Calender
ムーブメント自動巻き/Self-winding
文字盤色グレー/Gray
防水性日常生活防水/Waterproof
材質チタン/Titanium
サイズ(幅)40mm
サイズ(厚)
付属品内外箱・国内正規保証書(サティフィケイト)・革ベルト・バックル・修理明細書
保 証12ヶ月









F.P.JOURNE フランソワ ポール・ジュルヌ
OCTA オクタ リュヌ ブラックレーベル ブティック【中古】(税込 4,093,715 円)
c0284210_12071819.jpg
ブラックダイヤルは限定の証。白と黒のコントラストが、
プラチナケースの白の美しさを際立てますね。
これは日常の仕事使いにもぴったりではないでしょうか。
永く愛用できる魅力がありますね。




F.P.JOURNEフランソワポール・ジュルヌOCTAオクタリュヌブラックレーベルブティック【中古】




F.P.JOURNE フランソワ ポール・ジュルヌ OCTA オクタ リュヌ ブラックレーベル ブティック【中古】
【時計】 【送料無料】 【あす楽_年中無休】

中古品
商品番号 3000001237754
価格3,790,477円(税込 4,093,715 円) 送料別
売り切れました(価格は前回の販売価格です)


商品おススメポイント
直営店でしか販売されていないブティックモデル
使い勝手のよいホワイトゴールドのフォールディングバックル仕様です
替えベルト、プラチナ製尾錠も付属してます
モデル名F.P.JOURNE OCTA
フランソワ ポールジュルヌ オクタ リュヌ ブラックレーベル ブティック
仕 様日付表示/Date
シースルーバック/See-through Back
パワーリザーブ/Power Reserve
ムーンフェイズ/Moon Phase
ムーブメント自動巻き/Self-winding
文字盤色ブラック/Black
防水性3気圧
ケース材質プラチナ/PT
バンド材質レザー/Leather
サイズ(幅)38mm
サイズ(厚)
ベルト長
付属品国内正規保証書/冊子/替えベルト/内外箱
保 証12ヶ月
備 考※保証書日付2008年7月










F.P.JOURNE フランソワ ポール・ジュルヌ
OCTA オクタ クロノグラフ 【中古】(税込 4,402,285 円)

c0284210_12082773.jpg

こちらのオクタは、ゴールドケースにもかかわらず、先に紹介した上の
プラチナ素材の限定のオクタリュヌブラックよりもお値段が高くなっていますが、
クロノス2014年5月号101ページに、こう解説が加えられています。
「2001年に発表されたオクタコレクション最高傑作」と。




【中古】F.P.JOURNEフランソワポール・ジュルヌOCTAオクタクロノグラフ


【中古】F.P.JOURNEフランソワポール・ジュルヌOCTAオクタクロノグラフ【1117PUP2】


F.P.JOURNE フランソワ ポール・ジュルヌ OCTA オクタ クロノグラフ 【中古】
【時計】 【送料無料】 【あす楽_年中無休】
中古品
商品番号 3170804000081
価格4,076,190円(税込 4,402,285 円) 送料別
売り切れました(価格は前回の販売価格です)

商品おススメポイント
オクタ(octa)=5
5日間のパワーリザーブの同ブランドを象徴するシリーズ
美しい文字盤デザインと地金・ローターにまでピンクゴールドを採用した豪華さが同居したモデルです
モデル名F.P.JOURNE OCTA
フランソワ ポールジュルヌ オクタ クロノグラフ
仕 様ビッグデイト/Big Date
フライバック/Flyback Chronograph
シースルーバック/See-Though Back
ムーブメント自動巻き/Self-winding
文字盤色シャンパン/Champagne
防水性日常生活防水/WATERPROOF
ケース材質ピンクゴールド/PG
バンド材質レザー/Leather
サイズ(幅)38mm
サイズ(厚)10mm
ベルト長---
付属品国内正規保証書/内外箱
保 証12ヶ月
備 考生産終了モデル cal.1300-2
国内正規保証書日付(2008年3月)




ジュルヌの逸品時計達。いかがでしたでしょうか。

独特の存在感・雰囲気を感じ取って頂けたでしょうか。

ジュルヌの時計は、私の中で、非常に満足度の高い時計です。




さて、さて価格話が中心では、野暮なので、ひとつジュルヌの豆知識をご紹介。




ジュルヌの時計において針がオフセンターなのはなぜなのでしょうか。

私はジュルヌのデザインの良さを認識するだけで、

レゾナンス以外の時計達がオフセンター、すなわち時計を見て右側にある理由を、

あまり深く意識していなかったのですが(ランゲ1は左側配置ゆえ)、

ジュルヌの青山ブティックでお話をお聞きしました。




その理由は、人が時計で時刻を見るための所作を考慮してのもの。



左手首に着けた場合、時計は袖口に隠れます。

そうなると時刻を読み取るには、

針が見えるよう文字板全体を出すための所作となり、その動きは大きくなります。



ジュルヌは考えたそうです。


「時刻を見る所作が大きいのは美しくない」と。


その所作は必要最低限として控えめな動きで済むこと、

すなわち、時計の時刻を読み取るための美しい所作を意識すると、

針はオフセンターの配置になる。



レゾナンスを除けば、右利きの方が左手首に時計をすることが

前提となるデザインなのですね。

右手に時計をする方は、よく時計を目立たせたい、

見せびらかしたい現れなどと言われてしまったりしますが、

ことジュルヌの時計においても、右手に時計をするのは野暮な行為なるのです。

もちろんレゾナンスは、左右どちらでもオーケーですが(笑)





[PR]
by asmars | 2015-02-23 07:03 | OTHER


NCIS ~ネイビー犯罪捜査班 』は、アメリカ海軍に関わる事件の

捜査を担当するNCIS(海軍犯罪捜査局)を舞台にした犯罪捜査ドラマ。



アメリカ本国では4年連続でアメリカ国内でのドラマ年間視聴率第1位を獲得。




ロレックス、オメガ、タグホイヤーの時計が出てきて、なかなか面白いです。


まず、ロレックス。
c0284210_15062771.jpg


c0284210_15065410.jpg






つぎにオメガ。

c0284210_15513342.jpg


c0284210_15520198.jpg


そして、タグホイヤー。

c0284210_15552763.jpg

c0284210_16001867.jpg





[PR]
by asmars | 2015-02-22 00:40 | ROLEX

昔と今の時計価格



飲み会での昔話は、若者には嫌がられそうですが、

時計の価格話だったら、少しは興味を持ってもらえるかもしれません。






ノーチラスが、まだ70万円未満の値段で購入できた頃、


c0284210_16163810.jpg


ロレックスのエクスプローラー1の1016と、

ほぼ同じ値段でした。

c0284210_16173614.jpg

まあ、当時は、サブマリーナ5508リューズガードなしでも、

50万円しなかった時代ですけれどね。



c0284210_16315920.jpg

この頃の値段と比べると、我ながら、
最近の時計の値段は正直もうよくわからない状況。


ロレックスの一部モデルは、天井と言われた
リーマンショック前に到達したそうで。



食わず嫌い的な時計として
実際に実物を着けもせずに、
買っていなかった時計ならともかく


しっかり見て、検討した上で、
あの頃、見送ったもの、そこまでの金銭的な価値を見いだせなかったもの、

しかし、その後、異常な程に値段が上がってしまったもの。




貴方の審美眼が劣っていたわけではないかもしれませんよ。



もしそれが、今更欲しくなるのであれば、

それは結局、引き上げられた価格により惑わされているだけ、投資対象的な目線で更なる価格上昇期待に審美眼が雲っているだけ、ただ金銭的な価値に惹かれているだけなのかもしれませんから。



人はそれを、あの頃は、その魅力に気付かなかったなどと、

いろいろ言い訳するけれど、本当にそうなのかと・・・。




自戒を込めての記事でした。





[PR]
by asmars | 2015-02-20 07:02 | ROLEX

素晴らしきデイデイト

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by asmars | 2015-02-18 01:07 | ROLEX

時計選びの王道とは


パテック、AP、ヴァシュロン、F.Pジュルヌ、ランゲ、フランクミュラーやら

いろいろ時計を所有しているけれど、時計選びは常に難しいと感じています。




でも、その理由は、私が被りを嫌い、珍しい時計好きゆえに起因するからであって、

そんな奇特な時計購入にこだわらなければ、

失敗しにくい、時計選びの王道はあると思っています。






今回は、スイス時計全体が高くなっている中、どんなブランドを選ぶべきかを

遊馬が考える時計選びの王道について書きたいと思います。





数多くの時計を買うのが、難しい方も多いはずですから、

そのような方々に特に参考になるよう、リセール面も考慮しています。







遊馬が考える時計選びの王道とは、

それは、ブランド相互間の序列とブランドの設定価格帯を

決して外してはいけないと言うこと。






残念ですが、消費者側だけでなく、スォッチグループであれ、

リシュモンであれ、ブランドグループ内には、

各ブランド間の格、序列が明確に定められています。





その序列に応じて、個々のブランドごとに大まかな平均的な価格帯が

設定され、新作時計が作られ続けます。

その結果、設定された価格帯の時計が世に沢山溢れ、

そのブランドの、時計の価格イメージを世に植え付けることとなります。このブランドグループの序列により、ロンジンはアンティーク市場でクロノグラフなど高い評価を受けていたにもかかわらず現行モノはその評価に至らない残念なブランドとなりました。




だから、ブランドの設定したボリュームゾーンの

平均価格帯を越えて高い値段を出して買っても、

残念ながら買った値段には見てもらえない。

ブランドが設定した安い価格帯にしか、周りから見てもらえないこととなります。




ゆえに、ブランドの設定された平均価格帯を超えた値段のモデル買うのは、

避けるべしが王道となるのです。





また、各ブランドにはアイコン、あるいは人気のモデルがありますね。

人気のモデルから外れたものを

買うのを避けるのも、時計選びの王道でしょう。






また、資金に限界がある以上、ブランド相互の序列も意識したほうが良いでしょう。

500万円のフランクミュラーを買うなら、

500万円のパテックを買ったほうが良いという選択が一般的でしょうね。





ブランド内の人気モデルという面で言えば、

オーデマピゲなら、ロイヤルオークとそれ以外では、人気に大きく差があります。




残念ながら、当然、同じ値段のモデルを買っても、ロイヤルオークのほうが、

欲しい人が多いから、万が一売るにしても、

高く売りやすいのはロイヤルオークであり、

購入後の価値は高いということになります。







では、ブランド序列により設定される価格帯による選択ではどうでしょう。

わかりやすい例で言えば、オメガの中心価格帯は高くても80万円未満。

オメガで100万円だすなら、ロレックスで100万円の時計を買ったほうが

やはり良いという選択になるでしょう。

だから60万円くらいまでのオメガにしておくのが無難な時計選び。








そして、中堅ブランドの、たとえば、

モンブランの時計なら、平均価格帯は20万円~40万円の価格帯が

ボリュームゾーンであり、その価格帯のイメージが強いため、

時計的に、40万円以上の時計を買っても、その値段より高いとは、

残念ながら見てもらえないトコロがないわけでもない。





ブランドの序列に見合わない、その価格帯を超えた時計を買ってしまうと、

けっこう寂しい思いをすることが多いんですね。

モンブランにその値段出すなら、ロレックスを買うとかって言われちゃうから(苦笑)。





そして、時計購入に余裕のない方は特につらく感じるであろうことは、

そんな設定価格帯を超えた時計は、万が一、飽きてしまい、

気に入らなくなって、売ろうとしても、

ブランド価値に引きずられ、わざわざそのブランドの

高い値段のモデルを買う人も少ないから、

リセール価値は、ひどい痛手を受けることになる虞が大。






したがって、パテック、AP、F.Pジュルヌなどの高級時計なら話は別ですが、

この時計選びの王道からすると、モンブラン、ロンジン、IWCなど、

中堅ブランドにおけるブランド内の最上位モデルを買うのは、

残念ながら避けたほうが良いという話となってしまうんですね。





時計ブランドの序列に応じた価格帯を意識すること。

ブランド内のボリュームゾーンの価格を超えて買わない。

この2基準が、時計選び、時計購入の失敗なき王道。


とはいえ、時計のこだわりが強いと、王道がわかっていても、

なかなかそれが実践できないので、つらいところですね。







[PR]
by asmars | 2015-02-17 07:07 | OTHER


Long ago and oh so far away♪

I fell in love with you♪

Before the second show♪

ーSongs of Carpenters "Superstar" ー




c0284210_22480654.jpg

Vacheron-Constantin Overseas Large Automatic

Reference:42042/423A









c0284210_00563875.jpg





This luxury timepiece, metallic tones accentuate a dial with charm and dignity.






c0284210_22494889.jpg





This luxury timepiece has tasteful, cool style.





c0284210_00575558.jpg


Above us only sky♪

Imagine all the people♪

Living life in peace♪







[PR]
by asmars | 2015-02-16 07:00 | OTHER


c0284210_14531784.jpg




c0284210_13270171.jpg




c0284210_14591977.jpg

c0284210_15000652.jpg

c0284210_15002902.jpg

c0284210_13151839.jpg

c0284210_15051240.jpg


c0284210_15022878.jpg


c0284210_15011337.jpg




[PR]
by asmars | 2015-02-15 00:01 | ROLEX
F.P.ジュルヌ論、その魅力。

パテック・フィリップ論に続く、第2弾。

F.P.ジュルヌの時計の魅力を解説したいと思います。

c0284210_23414134.jpg
F.P.ジュルヌの時計のギャランティーカード、
 購入モデルの写真入りなんですよ。


実はこの記事を書くにあたり、自らの時計を語るだけではなく、ジュルヌ氏本人と時計作りのこだわりを知ってこそ時計の魅力を語るに値すると思い、

それならば氏の書籍をも読むのが一番と「偏屈のすすめ」(幻冬舎)を購入し、読了しております。

読了後、思ったのは、驚くほど、私の時計に対するこだわりと合致していた気がします。おかげで、これまで以上に、ファンになりましたから。

実はこの書籍は、自分用だけでなく、別途もう1冊、わざわざ購入し、東京時計マラソン2014でおなじみの某様にプレゼントさせていただきましたほど。

同書上で、F.P.ジュルヌ正規取扱店である神戸の「カミネ」の

上根享社長は言います。

時計遍歴が長く、
 関心や造詣が深い人ほど、
 ジュルヌの時計に惹かれる。」と。

嬉しいことを言ってくださる。上根社長は、昨年、リシャール・ミルのイベントでお見かけしました程度で、私の住まいからは遠方の時計店とはなりますが、いつか機会があれば、ご訪問させていただきたく思いました。

それでは、さっそくF.P.ジュルヌの魅力を書きましょう。もちろん書籍を紹介する目的も兼ねて。

ぜひ気になったら、書籍の方をご購入くださいませ。


※赤字が抜粋による紹介部分です。


1)ジュルヌの時計を認めてくれた、2人の人物とは
・・・・
1987年から「アカデミー」に所属し、作品を発表してきた。

そのころ、そんなわたしの腕時計に注目し、感心してくれたのは、たったの2人。

一人は、ギュンター・ブリュームライン氏。

その頃、彼は、「IWC」と「ジャガー・ルクルト」という2つのスイス時計ブランドを率い、
ドイツの「A.ランゲ&ゾーネ」の再興に取り組んでいた。

彼は名刺を差し出しながら、
わたしの腕時計を「とても素晴らしい!」
と高く評価してくれた。


そして、もうひとり、わたしの腕時計を評価してくれたのが、ニューヨークでも活動していた日本人のジャズギタリストだった。

彼はわたしの腕時計を見るや、ずっと長い時間その場を動かなかった。

その時は言葉を交わさなかったが「時計を気に入ってくれた」のだと実感できた。

日本人がわたしの時計を気に入ってくれるだろうと、
その時、強く感じたのを覚えている。

2003年、わたしにとって初めての直営ブティックの
場所として日本を選んだのが、それが理由の一つだった。
・・・・

遊馬の以下の本ブログ記事でも、

ギュンター・ブリュームライン氏を紹介しましたが、

さすが、ブリュームライン氏の素晴らしき審美眼。


ちなみに、南青山のブティックがある建物は、安藤忠雄氏の設計だそうです。
建物外観の良さももちろんですが、それ以上に、私的には、ブティックの構造や内装、ディスプレイの仕方が素晴らしく感じました。これもジュルヌ氏のセンスの良さなのでしょうね。




2)ムーブメント素材のこだわり
・・・・
ムーブメントをゴールドだけで制作しているブランドは長い歴史の中でも、とりわけ19世紀以降では、ムーブメントにゴールドを用いた例は、ほとんどない。

誰もが作業しやすい真鍮、あるいは洋銀を用いて、ゴールドがもつ美観は二の次にされてきたから。

しかし、わたしは加工の難しさよりも、ゴールドが持つ美観や、それによってムーブメントの耐久性があがることが重要だと考えた。
・・・・

洋銀よりもゴールド。実用性、美観、両方兼ね揃えたゴールドムーブメントは、
コストが高いのは間違いなく。そのこだわりが、裏スケであることを、むしろ許容してくれますね。

つぎに、文字板、表側のデザインに対する考察です。同書では、ジュルヌ氏はこう述べられております。



3)文字板の美学
・・・・
わたしは文字板のデザインで最も重要なのはバランスだと思っている。すべての表示を文字板上で、いかにバランス良く調和させるかに重きを置くのだ。

時計に限らず、すべての機械はその構造がシンプルなほど壊れにくい。だからわたしは、どんな機構でもよりシンプルになるような発明をこれまでおこなってきた。

しかし仮に、そのシンプルな設計によって、文字板上のバランスが崩れるとしたら、わたしはデザインを優先する。あえて文字板上のバランスを尊重するのだ。

そうしなければわたしの美意識が許さないのだ。文字板は、時間を確認するたびに一日のなかで何度も見るのだから優先順位は高いのだ。
・・・・



4)時計ケースがエレガントであること
・・・・
さらにエレガントであることを信条とするわたしの時計は、いたずらに大きくも厚くしもしない。

逆になるべく薄く仕立てるように心がけている。
大きく厚い時計はわたしにとってエレガントではないのだ。

ムーブメントが薄いほど組立などに繊細な作業が求められ、
効率は悪くなるが、美観を得るためには絶対に譲れない。

もちろん、耐久性や強度も譲れないので、厚さとのギリギリのバランスを模索してもいる。

機構を極限までシンプルに設えることで、故障を少なくするわたしの設計理念では、パーツ点数が減り、それがまたムーブメントを薄くすることを可能としている。

時計のデザイン同様、わたしの強い美意識の現れなのである。
・・・・

いかがでしたでしょうか。この書籍をぜひ読んでみて欲しいですね。

そして、F.P.ジュルヌの時計に高い関心を持って頂けたら、
ジュルヌ時計のホルダーの一人として、嬉しい限りです。


なお、昨年度、遊馬が最も普段使いした
時計といえば、もちろん、
F.P.ジュルヌの時計でした。


もし、F.P.ジュルヌの時計を詳しくお知りになりたければ、
こちらのクロノス2014年5月号(52号)にて、
特集記事が組まれております。

c0284210_23444321.jpg


ジュルヌのオクタシリーズにつき。

c0284210_23451945.jpg

こんな形で紹介していますね。
c0284210_23460536.jpg

F.P.ジュルヌの時計は、真の時計好きの
こだわりの逸品時計の一つだと思っています。





[PR]
by asmars | 2015-02-11 00:36 | OTHER