<   2015年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧


イナゴ投資家

一気に集中して「買い付け」、あっという間に「売り抜け」離散する投資行動から
まるで「イナゴ」のようだといわれる個人投資のこと。
株式市場で、短期に材料の出た株の回転売買を繰り返す個人投資家でもある。

c0284210_13322139.jpg

現在の腕時計市場では、ロレックスの価格改定を
材料に現行ロレックスを・・・



ロレックスブログなのに、最近ロレックスの記事が少ないため、
記事ネタとして正規店を見てまわった感想を書きたいと思います。



為替変動、2月の価格改定を知って、買いに走った方は、

c0284210_12205426.jpg
そんな方なのかもしれません。





でも波に乗った良いけど、
流されて、漂流しないようしないとね。

c0284210_14011862.jpg


そのような買い急ぐ方が多い状況下、

正規店を回っての店頭在庫レポートをしますと、



まず店頭には、エクスプローラー1、
サブマリーナ、GMT、は見かけませんね。


それで、百貨店など、複数の正規店で、

最も売れ残っている
スポーツモデル?の定番が、

ミルガウス116400GV
(グリーンガラスに黒文字板及び青文字板)です。



GV(グリーンガラス)のつかない、
単なる116400ミルガウスの白文字板は見かけませんが、
GVのほうはとにかく売れ残っている印象です。



GV青文字板は新作ですから、転売屋さんの人気アイテムに
なりそうですが、どうもそうなっていないみたい。



12月中旬、値上げ直前の昨日(1月30日)と
立て続けに銀座の正規店で青文字板GVのミルガウスも見ましたから、
遭遇率=売れ残り率はかなり高いのかも。



やはりGVは派手な色味が敬遠されてしまうのかな。
グリーンガラスにブルーの色合いは個人的には好きな色味ではあるけれど、

若い20代が着けるならともかくも、良い年した年齢では、
ちょっと若すぎる雰囲気で、ビジネスシーンでは、
グリーンガラスが目立ち過ぎると感じられる方が多いのかな。

時計だけを見て買うのでは、単に投資買いになってしまいそう。



文字板と針以外は、現行デイトジャストとケース形が似ているけれど、
文字板交換がいろいろできるデイトジャストより定価も高いし、

またミルガウスはヘッド部が重く、装着時のバランスの悪さを
感じてしまうのも、売れにくい原因なのかもしれません。


もちろん、そんなモデルですが、特殊性がありますから
流されやすい方々には売れるかもしれませんが、現行ミルガウスは過去発売時に、価格バブルが起き、その後、崩壊を経ていますから、どうなんでしょうね。




ミルガウスGVのほかにスポーツモデルとなると、
比較的見かけるのが、シードウェラー。
ミルガウスGV同様、シードも昨日正規店で売っていましたね。



販売していた銀座の正規店には、宴席開始前に、立ち寄ったのですが、
その際も、アジア系の外国人がたくさんいまして、
外国人の人気はどうなのだろうと興味深く見ておりましたが、
ブルーのミルガウスやシードは、スルーされておりました。



並行店では、携帯電話片手に話しながら時計を複数本購入する
中国系の若い女性を数多く見かけますが、
価格改定前に一生懸命仕入れているのでしょうかね。

中国経済も鈍化していますから、今後順調に売れていくのかな。




というわけで実需が乏しい状況での価格引き上げ改訂は、
さらに実需を乏しくさせてしまいます。


価格改定後を待って、手放そうとする転売屋さんも
それなりに多いと思われ、改定後は、
買取依頼が多くなることが予見されます。



立場を変えて、買い取りを行う並行店としては、まずは様子見、
慎重にならざる得ないでしょう。
経営的にもリスク回避を考慮しても良い時期、水準かもしれません。

c0284210_13543170.jpg


なぜなら、消費税増税、為替変動による価格上昇、数度の価格改定により
何度も先食いされたことによる、日本国内の乏しい実需環境下であることは間違いないのです。

今後も供給され続ける現行モデルを、
単純に正規の現行モデル価格が上がったからと、買取価格を引き上げるのは、

並行店側にとって、非常に高い在庫滞留リスクを背負い込むことになるでしょう。



まあ、イナゴ投資家に食い荒らされた株価チャートほど悲惨なことはありません。昔のミルガウス価格バブル崩壊の図に似ていますね。
c0284210_13460584.jpg

イナゴ玉砕だけならともかく、並行店の経営が傾くのは、残念ですからね。

c0284210_13574046.jpg


最近は、もう時計は、十分。持っている時計を楽しむ。
あるいは他にお金を回すという発言をする方が
かなり多くなっているのじゃないかな。


というわけで、日本国内ではさらに乏しい実需が予想される中、
値上げによる買取り価格上昇期待で、現行モデルを
仕込んだ方々には残念な結果になりそうですね。


次回以降、そんな状況下において、「時計好きは何を買うと良いのか。」
そんな話を東京時計マラソンの重鎮である某様と話をしたので、
少し記事にしてみたいなと思います。

※ファン申請処理が遅れてすみません。承認いたしました。
いつもご覧いただきありがとうございます。
この場を借りて、御礼申し上げます。
なお、ファン申請はエキサイトブログをお持ちの方でないとできないようです。





[PR]
by asmars | 2015-01-31 14:00 | ROLEX


前回の「マルタ十字軍」のブログ記事、

過去最高のアクセス数を記録しました。

ヴァシュロンの、特にオーヴァーシーズの注目度が

高いということなのでしょうかね。





リストショット画像にて、

ノーチラスとオーヴァーシーズを見比べて比較する、

誠に贅沢な対決ですが、


c0284210_23251461.jpg






それでは、さっそく。




c0284210_23341863.jpg
バシュロンのオーバーシーズと、パテックのノーチラス。





オーヴァーシーズは初期もので、ノーチラスは現行ものという

比較の画像ではありますが、こうリストショットを並べてみるのも、

興味深いかなと。





だけど、

c0284210_23272793.jpg

そんな優劣を付けるのは、もったいない時計ですから、

まあ、どっちが好みかくらいにしておきましょう。



c0284210_00033219.jpg





だって
c0284210_23303049.jpg
ですからね。






ともかく、今回は、ブログのアクセス急増に感謝して、

貴重な初期オヴァーシーズのラージサイズ37mmを

しっかりご紹介というわけで、さらに


c0284210_23464443.jpg



ほいっと、画像を載せまして。
c0284210_23292090.jpg




c0284210_23300930.jpg

貴重な初期オヴァーシーズのリストショット掲載でした。







[PR]
by asmars | 2015-01-29 07:07 | OTHER

マルタ十字軍

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by asmars | 2015-01-27 07:07 | OTHER
この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by asmars | 2015-01-13 07:00 | OTHER

バネライ、その後

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by asmars | 2015-01-10 01:00 | OTHER

パネライの購入検討

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by asmars | 2015-01-07 07:00 | OTHER
この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by asmars | 2015-01-04 00:01 | ROLEX
この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by asmars | 2015-01-01 13:27 | OTHER