<   2014年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧


一攫千金狙いで、日本の宝石珊瑚を採りにやってくるの中国密漁船団。

c0284210_21261483.jpg



宝石サンゴの価値が著しく上昇していることも一因のようですが、

珊瑚(コーラル)を使った文字板が、

ロレックスやパテック・フィリップに存在していたのを

読者の皆様はご存じでしょうか。




そこで、まずは、宝石珊瑚の希少価値を理解していただきましょう。




立正大学(地球環境科学部)岩崎 望さんの説明に依ると、 


宝石サンゴが日本にもたらされた時代は定かではありませんが、

現存するものとしては正倉院に納められている珊瑚のビーズが最古の物です。


c0284210_21294234.jpg



これは、聖武天皇、光明皇后らが奈良東大寺の大仏開眼会(752年)で

使用したとされる冠を飾っていたものと伝えられています。







琉球諸島周辺海域から採取したモモイロサンゴの

肥大成長速度(骨軸が太る速度度)は、1年で0.15 mmと非常に遅く、

大人の小指くらいの太さになるのに
約50年かかるそうです。

c0284210_21115565.jpg

それでは、浦島太郎のおじいさんになってしまいますね。









そのため、宝石サンゴを人工的に飼育し増産を図ることは、

その成長が遅いために現実的ではないのですね。









岩崎さんの説明以外にも、調べてみると、




虫食いされたものが8~9割の為、宝石珊瑚として加工できるものは、

たったの1、2割しかない。





珊瑚は海中で成育しているため、貝や甲冑類などが珊瑚に付着し、

これらを巻き込み成長するため、加工の途中で、

これが不純物で表出することもある。


と言われております。










となると、もし時計の文字板として、珊瑚で一枚板で作ろうとすると、





必然的に大きな直径が必要となるわけで、

1センチを超える文字板クラスでは、

100年にも渡って成長した珊瑚の原木が必要となるはず。






だからこそ、珊瑚(コーラル)文字板は、

非常に凄い希少性がでるわけです。






近年、高級時計に使われるマザーオブパール文字板とは

もはや比べものにならないレベルの

高い価値を珊瑚(コーラル)文字板は持つわけです。



そこで、まずは稀少なパテックフィリップの

宝石サンゴ文字板をもつ時計から紹介しましょう。


c0284210_20374330.jpg
PATEK PHILIPPE Ref.4300








さらに、同形状で、石付もあります。










c0284210_20400348.jpg
c0284210_20402326.jpg
PATEK PHILIPPE Ref.4298



装着写真もありまして、

c0284210_20414639.jpg





そして、ロレックスのほうはと言いますと、

c0284210_20474758.jpg


1970年製だそうです。
Rolex Ref.6916 or 6917
ですが、95万円ほどのお値段。




c0284210_21015046.jpg



宝飾性の高い文字板を展開していたロレックスならではですね。

実に素敵な文字板です。












ロレックスにおいては、

珊瑚(コーラル)文字板は、ギャラ等から、

1990年前半までは存在していたのを確認していますが、

これが90年代の最後のモデルでしょうかね。


c0284210_20354134.jpg


90年前半でも、レディースロレックスにもかかわらず、

その定価は155万円ほどであったため、

当時でさえも、いかに珊瑚文字板の付加価値が高かったかがわかります。





ずいぶん前に、日本ロレックスにて、古い文字板カタログを

拝見させて頂いたことがあるのですが、





残念ながら、その当時でも、珊瑚(コーラル)文字板は、

昔のカタログ上では掲載されていたものの、

もはや製造しておらず、在庫もありませんで、手に入れることが出来ませんでした。







価格が20年来、上昇し続ける珊瑚。

その珊瑚文字板を有するロレックスの希少価値は

ますます高まるのでしょうね。







[PR]
by asmars | 2014-11-22 21:31 | ROLEX




世界一の富豪が選んだ腕時計、愛用時計。





ウォーレン・エドワード・バフェット

c0284210_18245776.jpg

フライドチキンのカーネル・サンダースさんではありません。






米国内の長者番付では1993年に1位に。

2007年には、バフェットの資産は620億ドル、

1ドル116.27円換算で

約7兆2,087億円となって、初めて世界長者番付でビルゲイツを抜き、

バフェットは世界1位となっています。


c0284210_18253229.jpg

フォーブス誌によるアメリカの長者番付フォーブズ400では、

1986年の5位以来、毎年ベスト10に入り続けている(2008年現在)。






しかし、単なるセレブ、世界一の大富豪、というわけではありません。

ハーバードやイェール大出身者からも、賢人、神と崇められ、

彼の書籍は溢れ、彼の信奉者は多数。




彼の話を毎年聞くため世界中から何万の人が集まるし、

アメリカ大統領も助言を求める大傑物。


c0284210_18263000.jpg

c0284210_18265834.jpg
c0284210_18271556.jpg



バフェットが選んだ時計は、

すなわち、投資の神様が選んだ時計とも言えます。






バフェット氏の投資会社バークシャー・ハサウェイは、

彼が経営権を持ってから、1965年から現在までの約45年間に

その株価は約82万%以上に上昇。






ダウ平均株価の上昇率が約 0.14万%超だったのに対しての数値ですから、

いかに恐ろしい上昇率、投資会社の成長率であるかがわかります。





定期預金が0.1%も満たない現在、彼の投資運用成績としては

複利計算で約20%のリターンを40年以上に渡って出していることになるのです。









では、そんな世界一のお金持ちであり、投資の神様はどのような人物なのか。





選ばれた時計を知る上でも、その人物像をもう少し知っておきましょう。





バフェットは、2006年6月には、アメリカ史上最大の金額の

4兆3,484億円(約374億ドル)を慈善財団に寄付すると発表。




これは資産の85%にあたる。

寄付のうち約310億ドルは友人のビル・ゲイツの慈善事業財団に。










寄付で4兆円なんてイメージがわきませんが、

ソニーの時価総額が2兆7千億円ほどですから、ソニーを買えてしまう規模ですね。










そんなバフェットの生活は、世界一の富豪でありながらも、

質素で、1958年に31,500ドルで購入した、

オマハの郊外の住宅に今でも住んでいます。






ゆえに、「オマハの賢人」とも敬愛を込めて呼ばれています。






福島の支援にも来られましたね。

c0284210_19185015.jpg






慈善家でもあるバフェットの自家用車に関しては、

高価な車両を何台も所有することはなく、

フォードの株を所有も、一時期はゼネラルモーターズ・キャデラック、

その後継には、なんと、日本車、






スバル・アウトバックを選択し愛車としています。

c0284210_19090642.jpg


この愛車選びは、大富豪なのに、清貧すぎると、大変話題になりました。


c0284210_19125231.jpg




車からもわかるように、気に入った物を、とにかく使うこだわり派。

見栄以上に、自分にとってのメリットや価値を重視されるのでしょう。











ウォーレン・バフェット、
そんな彼が愛用し続けている
一本の腕時計があります。










単に所有しているとか、金庫にしまわれ続けられているのとは訳が違います。

愛用し続けているのは時計における最大の評価でしょう



c0284210_18582235.jpg

長き将来も変わらず安定して成長し続ける数々の有望企業に長期投資をし、

世界イチのリターンを得た大傑物の目利きの

「お眼鏡にかなった時計」、








質素で堅実な生活を営む、真の価値を見出す賢人に、

「価値を認められ愛用されている腕時計」



なのです。









バフェットに選ばれ、愛用される時計。

腕時計としては、まさに最高のステータスを得た

と言って過言ではないでしょう。














その最高の栄誉を得た時計は、






ロレックスのデイデイト。
Rolex Daydate
c0284210_18362601.jpg

c0284210_18505488.jpg

c0284210_19395439.jpg





複数の写真を見る限り、宝石なし文字板の色無垢(イエローゴールド)、



写真撮影された時期やケース形状から考察すると、



レファレンスはおそらく5桁ナンバーのデイデイトと思われます。





c0284210_18532454.jpg
c0284210_18541145.jpg
c0284210_18545490.jpg




そして、世界の大賢人がデイデイトを愛用しているのは、

色々なシーンで着用されていることからもわかります。


c0284210_19412327.jpg



公私にわたって友人のビルゲイツと一緒の時でも、ロレッスデイデイト。





c0284210_18371359.jpg










愛車に乗っているときにも、

その腕には、デイデイト。

c0284210_18445766.jpg

デイデイトは、完全に日常使いされている
愛用時計であるのです。
















世界一の大富豪、投資の神と崇められる
ウォーレン・バフェット氏が愛用されるロレックスデイデイト。

c0284210_18330970.jpg











ロレックスなら、デイデイトを選べ。」と。


それはまさに、賢者の教え







c0284210_19332477.jpg



c0284210_20300122.jpg




99.9%に関心はない。0.1%の目利き力。






ロレックスのデイデイトには、

キングデイトナ、王様デイトナを上回る称号である、

エンペラーデイデイト、皇帝デイデイトの称号にまさに相応しいでしょう。










最後に、1枚の写真で締めましょう。



ロレックスデイデイトを眺める、
史上最強の投資家
賢人ウォーレン・バフェット氏の勇姿。

c0284210_18335241.jpg

最高に絵になる写真ですね。









追伸、九州の某様、ロレックスデイデイトのご購入おめでとうございます。
旧SSデイトナ(エルプリベースムーブ)をご売却した後でのデイデイト購入。
良き選択、男気を感じました。

[PR]
by asmars | 2014-11-15 21:30 | ROLEX

父と息子、その腕時計

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by asmars | 2014-11-08 13:51 | その他の機械式時計