<   2014年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧


ついに、バーゼル2014で、ロレックスの新作が発表されました。

今回の新作は、ロレックスファン待望が2品ありました。




そう、GMTマスターⅡ


c0284210_118534.jpg


レッドとブルーのセラクロムベゼル。

レッドは製造が難しいなんて言われましたが、さすがロレックスの技術力で出してきましたね!


c0284210_1183156.jpg




セラクロムベゼルは、耐傷性、耐蝕性に極めて優れており、

さらにその色が紫外線により影響を受けることはない、ありがたい存在。

そんな実用性だけでなく、美的効果もお見事。



c0284210_1191123.jpg



セラミックの光沢感が写真で見る限り、大変美しく、素晴らしいものがあります。

この新作、私は好みです。









そして、2014年 新作モデルでもう一つ、私のような欲張りなファンの

期待に応えたと言えるのが、








シードゥエラー 4000

c0284210_1212834.jpg







さんざん、以前の記事で、現行ディープシーを

「ぽっちゃりオデブ」なんて、茶化した評価をしてしまいましたが、

これもひとえに、ファンであることでの欲張りな改善の願いゆえのもの。








シード400は、写真を見る限り、厚み感を、相当抑えてくれているように見えます。

c0284210_1214590.jpg









常に実用時計を意識したロレックスの姿勢に、今年も変化がなく安心しました。















そして、これまた遊馬の中で、不人気ランキングダントツ1位に挙げ、

そのデザイン性を「ジジーニ」なちゃうよ、なんて茶化し、

改善を願った、チェリーニも、







しっかりと大幅なデザイン改善がなされました。イイネ!



c0284210_1303082.jpg









3種類ありまして、



c0284210_1304987.jpg












遊馬が、デザイン的に好印象に感じたのが、







チェリーニデイト。


c0284210_1313630.jpg



古臭さがだいぶ取れて、モダンでありながら、

落ち着いたエレガントな雰囲気も出ている。

これは良いデザイン改善だと思います。





その他の2014年発表のロレックスの新作については、

ロレックスの公式ホームページをご覧くださいませ。

http://www.rolex.com/ja/watches/baselworld-2014.html



今年の新作モデルは、ロレックスとしてもファンの期待に応えるべく、

かなり頑張ったのではないでしょうかね!



前回記事のコメント返信、ロレックス新作速報を優先してまだ出来ておりませんが、

時間的な余裕ができたところで、コメント返信いたしたいと思っております。

どうかご了承くださいませ。
[PR]
by asmars | 2014-03-27 01:34 | ROLEX
この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by asmars | 2014-03-22 12:55 | OTHER
この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by asmars | 2014-03-19 00:02 | OTHER

女性のウブロという選択。











今回は、ウブロを着用した素敵な女性を紹介する特集です。













c0284210_2234829.jpg














c0284210_22382264.jpg















c0284210_22351331.jpg














c0284210_22362941.jpg















c0284210_223656100.jpg















c0284210_2236146.jpg














c0284210_22343477.jpg





女性のHUBLOTの着こなし、

華やかさと、不思議なほどの親しみやすさがあって、

とても素敵ですね。





女性の素敵な時計の着こなしぶりに、

ドキッとさせられそうな遊馬でした(笑)
[PR]
by asmars | 2014-03-10 00:01 | OTHER


とあるお方の限定ブログ上で、


こんな感じの写真を載せるものですから、




c0284210_1619440.jpg





益々、遊馬のHublot熱が上がってしまうわけなのです。


でもさ、今更ウブロ?って声も聞こえてきそうですよね。






まあ、そんなウブロですから、場末の私のブログごときが

連続で記事に取り上げたって、邪道を行くブロガーの戯言と思って、

どうか、お許しくださいませ。







さて、ウブロにハマルかどうか、そのハマリ度合を図る簡単なテストといえば、












それは、過去Gショックを集めた経験があるかどうかです。














そう、Gショックを集めた経験のある方は、ウブロのデザインを基本的に好きなはず。














そして、Gショックはデザインが好きだけど、

もっとお洒落な高級ラインのスポーツカジュアル時計が欲しいって、

そんなニーズがあれば、












こんなCMのような感じで、探してみるのもよいかなと。

















今更ながら、落ち着いてウブロを見てみると、

どう感じるか。











今回の記事は、純粋にウブロの魅力って何だろうなって、

考えた結果を形にしてみました。













それは、ウブロ着用のスタイルをたくさん紹介すること。












ファッションの一部である以上、

着用スタイルを見ていただくのが一番と思った次第でして。









それでは、読者の皆様どうぞご覧あれ。






















Hublotスタイル.A
c0284210_16275966.jpg



Hublotスカルバン、シブイですね、通好みのデザイン。











Hublotスタイル.B
c0284210_16275372.jpg




フェラーリの存在感にだって負けていません。














Hublotスタイル.C
c0284210_16313771.jpg



スポーツカジュアルの時計イメージですが、実は、スーツにも相性が良いような・・・。














Hublotスタイル.D
c0284210_16302576.jpg



オフタイムのスーツ姿に、カジュアル感を出し、親しみやすいファッション化を図る。

まさに、そんな感じでしょうか。

意外にも(笑)、ウブロの時計により、スーツ姿のおしゃれ度合が増す感じがしますね。














Hublotスタイル.E
c0284210_16393210.jpg


お洒落であって、軽すぎることもないような。意外なほどの雰囲気の良さ。















どんどん行きましょう!


Hublotスタイル.01
c0284210_16374549.jpg


これは本当にスマートな着こなしで、カッコいいですね。














Hublotスタイル.02
c0284210_2305723.jpg


黒色の中に、赤の差し色が、アヴァンギャルドな雰囲気ですね。













Hublotスタイル.03
c0284210_2312088.jpg















Hublotスタイル.04
c0284210_2315298.jpg


文字板はタンタルのようで、素材の色合いが絶妙ですね。

シンプルさが際立って美しい。









Hublotスタイル.05
c0284210_2322993.jpg


こういうファッションとの間で、シナジーを発揮できるのが魅力ですね。














Hublotスタイル.06
c0284210_235514.jpg
















Hublotスタイル.07
c0284210_2353623.jpg
















Hublotスタイル.08
c0284210_2375741.jpg















Hublotスタイル.09
c0284210_2382649.jpg
















Hublotスタイル.10
c0284210_2391067.jpg


黒金もスーツに合いますね。












Hublotスタイル.11
c0284210_2394333.jpg













Hublotスタイル.12
c0284210_23101544.jpg
















Hublotスタイル.13
c0284210_23104549.jpg
















Hublotスタイル.14
c0284210_23111599.jpg


実にお洒落な印象!










どうです、デザイン、異種素材、カラーから生じる、色気。

時計はファッションの一部と実感できますよね!







そして、これだけ、ウブロ&スーツ姿を、見ていくと、

なんだかウブロの良さを見直してしまっている自分が・・・います(笑)。







とりあえず・・・・1本いっとく?











「どうかね、少しは、ウブロの魅力が伝わったかな?」

c0284210_16465483.jpg







いやいや、本当に選択肢が多すぎて、悩んでしまいますよ!



もしよろしければ、皆様のお好みのスタイルをお聞かせください。









せっかく手間をかけて写真を集めたので、

「まったくなし」だなんて、野暮なコメントは、できるだけ「なし」でお願いしますね(笑)
[PR]
by asmars | 2014-03-05 00:01 | OTHER

前回の本間誠二氏の書籍を紹介した記事の続きです。








比較的、TPOに合わせる使い分けを意識して、

ここ数年は、時計を買ってきたつもりですが、




最近、時計コレクションを眺めた時にふと、感じたことがあります。

少し偏りがあるなと。








どう偏っているかと言えば











よく使っている時計たちが、









比較的に品が良く美しく色気もあり、落ち着き感や優しさはあるけれど、














なんだか、”隙のない”時計が中心になってしまっているなと。



















だから、もう少し、幅を広げる意味で、










これまで、少し気になっていたブランドだけれど、

なんとなく、手を出せずにいたジャンルの時計ブランドの

購入を検討しても良いかなあと思い始めたわけです。









そのブランドとは、








ランゲ&ゾーネとは、対極をなす、

いやアンチテーゼな存在。











気軽な、若さがあり、元気な活力があり、

単にデカさで目立つのではない、

多種の素材を活かしたスタイリッシュな時計。








c0284210_22564728.jpg












ちなみに、数多く逸品時計をお持ちでいらっしゃる某様が、

このブランドをすでに1本お持ちでしたが、



昨年後半、さらにもう1本、ご購入され、コレクションを拡充されたのも、

よりそのブランド時計が気になった要因でした。





















その時計とは、遊馬のこれまでの選択肢からは、

ないように思われる方が多いとは思いますが、









いやいや、そのデザイン性は、以前から評価し続けていた、




















ウブロ。

c0284210_2295345.jpg

スイス時計界の重鎮、ウブロ会長ジャンクロード・ビバー氏

オーデマ、ピゲ、オメガ、スウォッチグループなどを経て
2004年HUBLOTのCEO就任。就任以来、その凄腕を発揮し、
ウブロを大躍進させたのは有名である。











まあ、ウブロは、

高級Gショックなんて悪口を言われますけど、



c0284210_22165069.jpg








でもね、みなさん。









知っていますか?















王族にも、愛用されている時計なんですよ。






c0284210_2210333.jpg


c0284210_2211103.jpg




好きな時計をいつでも手に入れられる王族の身分の方が選ぶ時計。


実際、デザインに遊びがある時計を持っているほうが、

余裕感があるかなって思います。









そんな遊び心と余裕感が親しみ感を呼ぶのかもしれません。








上記の写真の記事には、以下の文章が。






■「王の時計」と呼ばれる理由



ウブロの時計が王族に愛されるようになったきっかけは、

ギリシャのコンスタンティン王がウブロの広告を目にし、

斬新なウブロの時計を気に入って、スペインのフアン・カルロス王にプレゼントしたことから。





スウェーデンのグスタフ王もまた、ウブロに魅せられた一人で、

ノーベル賞の授賞式で着用して話題を集めました。




その人気はさらにヨーロッパ中の王室へと広まり、

モナコやスペインの王室の人々も愛用者のリストに名を連ねています。

そんなエピソードから、ウブロはヨーロッパで「王の時計」と呼ばれるようになったのです。








モナコのアルベール2世大公は“ビッグ・バン”を愛用


c0284210_22193346.jpg









スペインのクリスティナ王女もウブロのウォッチを愛用



c0284210_22203557.jpg









モナコのカロリーヌ公女もウブロを着用


c0284210_22205352.jpg










ビッグ・バンを着用するスウェーデンのカール・フィリップ王子


c0284210_22211673.jpg







王の時計かどうかは、よくわかりませんが(笑)、好きですよ、こういうデザイン時計。








そして、ムーブメントが、ETAだしって言われても、見た目重視のデザイン時計だから、

ホルダーさんや購入者は気にする必要はないのではと思います。









下手な自社ムーブメントよりも、多くのブランドで使われている

安心のムーブメントでもあるとも言えますからね(笑)







だから、過去の長い年月を経て評価されてきた銘品ムーブメントは別にして、




いままで外注頼りできたムーブメントをここ20年内程度で作り始めたようではねえ。



歴史もないでしょう。



だから、なんでもかんでも、

最近の自社ムーブメントの移行をありがたがる傾向には、

私は少し疑問なのです。








スポーツカジュアルイメージが強い、ウブロですが、

ウブロとスーツ姿、相性が良いようなのですよ。










そう思うのは、遊馬だけではないようで、

世のセレブな方々も、スーツに合わせておられます。






ほらこんな方々までも。


c0284210_1646384.jpg




c0284210_16462184.jpg




c0284210_22504310.jpg




c0284210_22511252.jpg




c0284210_22512957.jpg






まあ、ともかくも、

ウブロはデザインの時計ですから、

そのデザイン性を数回に分けて紹介していきたいと思っています。









サッカーの神様、マラドーナさんも応援していますよね。


c0284210_22301691.jpg








「さあ、みんな!ウブロの魅力を勉強しよう!!」

まさに違訳ですね(笑)

c0284210_22313198.jpg






TPOに合わせる時計、

スーツにもカジュアルにも、相性が良いウブロの魅力を

次回はもっと紹介しましょうかね!!








って言いながら、実は、次回の記事も出来上がっているのです(笑)

アップも早めにしましょうね。


お見逃しなく!!※



※過去記事は、ある程度時間が経過したところで、

非公開にする可能性があります。
[PR]
by asmars | 2014-03-03 00:03 | OTHER
この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by asmars | 2014-03-01 11:25 | ROLEX