<   2014年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ソニー社長の手腕に疑問の声とのニュース報道




c0284210_2120565.jpg










それを見た遊馬は、果たしてどうなのかと、







その手腕に改めて注目してみたわけです(笑)












でっ、疑問の声が上がってしまった手腕がこちら。















c0284210_21213337.jpg






そりゃ、疑問の声が上がりますって(笑)



そうロレックスデイトナ。



= ショッカーですから!

c0284210_2313336.jpg


c0284210_234942.jpg








この時計の選択が、ソニー社長らしい選択かどうかは世間の評価に委ねることにしますが、

ともかくも秘密組織に毒されてしまったのか、

資産売却話ばかりでなく、経営戦略に将来性を感じる

ソニーらしい華がもっと欲しいかな。




c0284210_12154030.jpg










だって、こんな風に書かれてしまうこと自体が、悲しくないですかね。


c0284210_21223425.jpg




切り刻まれるって








しかも、リストラ実施!!




そっ、そんなー

c0284210_0115023.jpg














「残念!! デイトナ斬り!!」



c0284210_23433217.gif








金融やエンターテイメント事業で稼ぐだけでなく、

やはり革新的な製品によるソニーブランド復活を目指して欲しいところです。

また、時計のデザインもそうですが、製品に遊び心がないといけないですね。








こんな風に(笑)

c0284210_2211145.jpg






昔のアイボのように、ソニーらしさが溢れた製品を創らないソニーは、

輝かしい魅力溢れた時のソニーらしさを感じにくいのです。






というわけでショッカーの手腕にも疑問符がつく前に、

見事にソニーの経営を立て直して欲しいですね。







がんれば、ソニー!

c0284210_2259119.jpg






ソニーのウォークマンを2台体制で愛用する遊馬でした。








過去記事 ロレックスデイトナの評価Ref.16520 Ref.116520

http://rolex6098.exblog.jp/20468449/



c0284210_223752.jpg






それでは、読者の皆様、

またの次回の記事更新をお楽しみに!!







ソニー社長の手腕に敬礼!!

c0284210_224780.gif

[PR]
by asmars | 2014-02-22 00:01 | ROLEX

ninja300様からいただきました、コメントの回答です。

また、他の匿名様から、他のブロガー様のブログに対する評価と見解を問われる

コメントもいただきましたので、合わせて回答させていただきます。



※以下に記載の当ブログの見解について、
 執筆者の許可なき転載は一切認めておりません。
 


>Commented by ninja300 at 2014-02-07 03:31 x
>最近、ロレックス関連ブロガー連中が実は、
>転売屋でblogを利用して買い煽りをしていたそうです。
>しつれながら遊馬様はそういうブロガー連中と関係がある方なのでしょうか??
>コメントと遊馬様の立場を教えていただけますか?
>私は転売自体に問題はないが、ブログで煽るのは関心しないと思っています。
>ロレブロガーを信じて良いのでしょうか?


ninja300様へ

初めまして。コメントありがとうございます。
また返信が遅くなり、すみません。


ご質問の件は、なかなかセンシティブな問題であるため、
コメント返信が長文になってしまいまして、
コメントの字数制限回避の都合上、記事にさせていただきました。



まず、私はブロガー複数名が集まる規模のオフ会には、いまだ参加しておりません。


私の立場については、私のこれまでの過去記事をお読みいただき、
どうかご推察いただければ幸いです。


私が購入している時計は、昔からお読みいただいておられる読者様でしたら、
ご存じではと思いますが、大半は、市中の出回りが、あまりない時計ばかりです。

所有している時計は比較的、王道を外しているものばかりですので(笑)

ようは、人と被りにくい、被らないような時計を好んで選択していますので、
むしろブログ記事で買い煽りなどをしてしまうと、

自らの時計と被るものが多くなってしまうという
非常に残念な結果を生じさせてしまいます(笑)






また過去ブログで紹介している時計は、比較的、手の届きやすい値段帯の
時計を中心に、掲載しております。

また、お気づきかと思われますが、
過度に一部の時計を推奨しているようにならないよう、
昨年11月くらいから、所有時計の掲載も必要最低限の範囲に
控えているところがありますし、
いろいろブランドを多岐にわたって紹介するようしています。

また、しつこいくらい一部の時計を掲載し続けることもなく、、
変なサブリミナル効果(笑)なども、生じ得ないかと思われます。

(もちろん、私自身も好きなブランドやモデルがありますので、
多少なりとも一部の時計の掲載回数が多くなるのはどうかご容赦くださいませ。)


ですから、元々初めから売る前提で記事を書いているわけでもないものですから、、
仮に価格上昇があっても、、また仮に売っても、
私のようなブログ程度では微々たる影響であろうかと思われます。


したがって、残念ながら私においては、所有時計を喧伝し続けることでの
金銭的なメリットなどは、ほとんどないのではと思っています。






時計の売却問題については、価格上昇狙いの短期転売目的でもなければ、
あるいは、長期間使っていない時計があるのであれば、
精神衛生上、時計の整理整頓の一環として、
さらに、他にもっと高額な時計で欲しいものがあるのであれば、
時計好きの性として、売却は致し方ないところがあるのかなと思っております。

過去記事 「もしロレックスを手放したくなったら



もっとも、これは匿名者の方からも質問を受けましたが、
ローンを組んでまで購入すべきかを相談されることがあるのであれば、

所詮は装飾品の時計ですから、住宅ローンとも違うわけで、
私は勧めることはありませんが、

これはもはや個々人の生活上、何に重点を置くか、
好きなものにどれだけお金をかけるか、
エンゲル係数的な要素であり、個人の財政問題でありますから、

我関せずの姿勢をとるか、あるいは、好きな腕時計にかける、
熱い想いの現れと、理解してあげても良いのではと思います。

買うか買わないかは、なんだかんだ言っても、
やはり最後は自己責任の範疇になってしまいますので。





万人が見る公開ブログでは、意識せずとも時計ブロガーは、
いろいろ言われてしまうところがあります。

ブログの記事からどう感じるか、ブログ記事の評価については、
やはりブロガーも時計のコレクターであったり、時計の所有者である以上、
ポジショントークになる部分は、あろうかと思います。

新聞やテレビのコメンテーターであっても、
強弱の差はあっても、何かしらの利害を持っているはず。

読者や視聴者自身が、コメンテーターの利害関係が予めわかっていれば
良いのですが、そこまでわからない場合がまた多い。

だから、どう評価するか、受け止めるか、信じるか否かは、
もはや自己の知識経験等から推理判断するしかありません。

身内関係者がいれば、やはり関係者に関わる非難コメントは控えるでしょう。

たとえば、車の軽減税率の延長の是非を質問されたら、
車を作って売っている経営者は自身の会社にとって都合の良い、
軽減税率の延長を求めるコメントを出すのは当たり前ですよね。

したがって、読者や視聴者としては、
発言者が、どのような立場に置かれているのか、
どのような利害があるのだろうかという点を十分に踏まえた上で、
十分に斟酌した上で、どう評価するか、
発言が、過度な賛美や風説的な推奨なのか、普通なことか、
致し方ないレベルなのか判断されると良いのではないでしょうか。


複数の時計のブロガー様の記事が時々被ることに関しては、
時計屋で同じ時計を見ていたブロガー様同士だったり、
他のブログを閲覧されたブロガー様が、その記事に触発されてといった類で
同じブランドやモデルにつき、記事を書くことは、少なからずあろうと思います。

ですので、大半のブロガー様におかれましては、
ブロガー同士で連携して一斉に推奨記事を書くことなど、
ほとんど意識してはいないと思われます。

ブロガー間でいつの間にか影響され合っているだけで(笑)
似たようなブログを見ていたりしますから。
皆が格好良いと思う時計はやはりブロガー間でも良いと思うことが重なる、
そういうことが多いのかもしれません。




ブログの読者の皆様は、分別のある正常な判断が可能な合理人の方と思っておりますので
そのような方々が私のブログ記事をどのようにお感じになられたのか、
最終的に、ブログの評価という形で、委ねざるを得ないものであると認識しております。

たしかにブログは個人の自由な言論の場であります。
もっとも、その自由の対価として、立場に応じた社会的な責任もあるのではないかとも思っており、
そのような点で自制が求められることがあることも十分に承知しております。

ですから、仮にもし、私自身が意図せずに、たとえ、一部の読者様だけであったとしても、
買い煽り記事と判断されるような点あるのであれば、
それは私の不徳の致すところであり、自分自身、猛省しなければならないと思っています。

よって、このたびのコメントを受け、より一層配慮した記事を書いていく所存です。


また、私としても、読者の皆様のご意見やご助言等は、大変有益なものですから、
今後のブログ運営の参考にさせていただければと思っております。



私も含め、時計ブロガーは、所詮は一人の個人ですので、
どうか温かい目で、今後の分別ある行動を見守ってやってくださいませ。

どうかよろしくお願いします。





最後に、今回の「時計ブログの運営についての見解」につき、
不適切な表現や失礼な点がありましたら、この場を借りて予めお詫びいたします。



個人ブログとはいえ、ネット上という公器において、
小生のような場末の個人ブロガーがこのような見解を述べさせていただきまして、
非常に恐縮しております。どうかご容赦のほどよろしくお願いします。






※執筆者の許可なく、本記事を転載することは一切認めておりません。 
[PR]
by asmars | 2014-02-14 22:00 | その他の機械式時計


今回の記事では、私の所有している時計書籍の中で、

気に入っている書籍を1冊紹介します。





それは、







ロレックスファン vol.1 バブルバック大研究 (ワールド・ムック) (ムック)



c0284210_15315724.jpg







この書籍は、ロレックスのバブルバックについて、詳しく解説しており、

いまでは目にすることができない銘品バブルバックを掲載しています。







たとえば、




c0284210_15331343.jpg




この写真撮りは素晴らしいですね。

この写真を見て、当時、同じようなものを探しましたので(笑)

時計自体は、色バランスといい、機械感の雰囲気が良いですよね。









そしてこれまた珍しいロレックス。


c0284210_15374272.jpg






この書籍は、自動巻きの誕生話であるとか、

興味深い話も多く掲載されており、バブルバックを見る以外にも情報が多いのです。






今回紹介するリューズに関する話もこんな具合です。



c0284210_15372247.jpg







もう少しアップ画像。


c0284210_15402780.jpg






このリューズ話を読んでいただくと、

完全防水維持のためにも、

OH時のリューズの交換の必要性が見えてきますね。







そして、OH時にリューズの交換がなされることを考えると、

革ベルト装着の時計でない限りは、

時計の置き方も、リューズを下に置いたほうが良さそうです。

金属ブレス付の時計ですと、

ブレスと裏蓋が接触して、裏蓋に傷がたくさんできますし。




c0284210_1627599.jpg






バランスが悪いようにも見えますが、

ねじ込み式のリューズであれば、

ケースサイドの擦り傷や打痕リスクを減らす上でも。




特に金無垢時計に、傷ができるのは極力避けたいですよね。




c0284210_164809.jpg





でも、クロノグラフですと、ねじ込み式であればまだしも、

ねじ込み式でないものは、バランスが悪いのかなあ(笑)






あと、バブルバックでは、リューズ自体が超稀少品であるゆえ、

こんな感じリューズを下に置かずに(笑)、普通に裏蓋を下にすれば良いですよね。



c0284210_16323157.jpg







皆様は、時計の置き方、どうされていますか。
[PR]
by asmars | 2014-02-12 06:30 | ROLEX