カテゴリ:その他の機械式時計( 136 )

買い逃した、IWC

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by asmars | 2016-12-22 23:54 | その他の機械式時計


遊馬のオールド国産時計コレクション。

第一弾のご紹介。

所有している時計を紹介するからこそ意義がある。





そして、ロレックスブログならではと、

遊馬なりの茶目っ気を発揮して、

ご紹介させていただくのは、珍品中の珍品。



c0284210_11390713.jpg





幻の国産時計ブランドと言われる、

タカノの系譜を引き継ぐリコーさんの時計です。




しかもデイデイトなんです。

文字盤もアップライトインデックスに、

ブラウンのような色合い。






c0284210_11394049.jpg
c0284210_11390713.jpg
c0284210_11383944.jpg




ロレックスのGMTマスターにそっくりでしょ。

そして本家よりも、格好良いかも。

さすがは、リコーさんです。

ロレックスさん、次期GMTのデザインにどうですかね。





やっぱり、こういう時計があるからこそ、

時計収集って楽しんですよ。




ブログランキング・にほんブログ村へ

Rolex Street 6098 は、腕時計ブログです。


[PR]
by asmars | 2016-11-29 11:37 | その他の機械式時計 | Comments(6)



Collection Privee

Cartier Paris

(CPCP)



c0284210_10132899.jpg




コレクション プリヴェ
カルティエ パリ








以下、カルティエの時計達。










c0284210_09492416.jpg


2006年時のカルティエ価格表は以下。


トーチェ シングルプッシュボタン クロノグラフ
18KYG 279万3,000円

タンク アシメトリック 18KYG
世界限定150個 212万1,000円

タンク ルイ カルティエ LM
18KPG 150万円1,500円

トノー LM
PG 152万2,500円

ロトンド ラージデイト
18KPG 229万9,500円

タンク アビス
18KYG 202万円6,500円

タンク シノワーズ
18KPG 161万7,000円

トーチェ 18KYG
161万7,000円







実は、この中に、







遊馬が所有している時計があります。







さてさて、一体何でしょうね?









c0284210_10222377.jpg



すぐに、わかってしまいそうですね





ブログランキング・にほんブログ村へ

Rolex Street 6098 は、腕時計ブログです。


[PR]
by asmars | 2016-11-27 12:24 | その他の機械式時計 | Comments(0)

時計の聖地へ



休暇を終え、昨日、新聞各紙を見ておりましたら、

2016年8月5日の日経MJで、こんな記事が出ておりました。


c0284210_23140049.jpg



一面に、「銀座地図、10年の進化」と題して

並木通り「時計の聖地に

という記事が掲載されていた。



ウブロやジャーガールクルト、ランゲやロレックスなど

高級時計7ブランドの時計ブティックが

集まる「時計ストリート」の出現と。

訪日外国人(インバウンド)をテコに

アジアのショールームになった銀座とある。




この変化は銀座だけではないようだ。

記事の続きに、



「高島屋玉川店(東京・世田谷)の1階では

時計の売り場が広がった。

フランクミュラーでは600万円以上の時計を巡り

争奪戦が起きている。」



と書かれている。





ロレックスやパテックやAPやヴァシュロン、

さらにはランゲやウブロやら

色々な機械式時計を所有しているけど、

フランクミュラーも十分に良い時計ですよ。



女性にいまだ根強く支持されているのも、

デザイン感の良さがあるからでしょう。





そして、フランクミュラーの複雑時計

私のQP

トノーカーベックス パペカレも、

故障などなく、快調に動いております。

もちろん国内正規品です。





さて、金無垢時計の会ですが、

休暇中、メールを複数頂いておりまして、

休暇気分を抜いて、

素晴らしい金無垢時計の魅力をお伝えすべく、

当ブログ更新を頑張らねばなりません。




記事の掲載をお待たせしておりますが、

もうしばらくお待ちくださいね。



ブログランキング・にほんブログ村へ

Rolex Street 6098 は、腕時計ブログです。


[PR]
by asmars | 2016-08-06 23:26 | その他の機械式時計 | Comments(0)





たまには、自らの趣向を変えて、

時計を選んでみたくなるもの。

今回は、これまで遊馬が選んできた時計の傾向とは、

少し異質な時計かもしれません。







こちらのブランドですね。


c0284210_12294708.jpg









そうウブロです。




c0284210_12195725.jpg




アンダー40mmケース。




c0284210_12184383.jpg







正規店購入では、こういうものを頂きました。








c0284210_12190039.jpg



一番上の画像でも掲載した

ウブロのMDMのモデルのバンドと

同素材ですかね。




c0284210_12172551.jpg


時計趣味の新たな開拓として、

ロレックス以外のブランド、

普段なら選ばない時計を買ってみるのも、

面白いかもしれません。





ブログランキング・にほんブログ村へ

Rolex Street 6098 は、腕時計ブログです。




[PR]
by asmars | 2016-07-23 12:33 | その他の機械式時計

内閣総理大臣の愛用時計





日本の偉大な政治家の一人に愛用されていた時計。





c0284210_23303863.jpg










その時計が内閣総理大臣に愛用されていた事実は、
一般にはあまり知られていないかもしれません。













内閣総理大臣として現職の他に誰を思い浮かべますか。













今回紹介する方は。










第64・65代内閣総理大臣







田中栄氏














そして田中角栄氏の着用時計は
















c0284210_23315661.jpg




パテック・フィリップのゴールデン・イリプス
のWGだったのです。











私の昔話になりますが、複数本、
ロレックスを手に入れ満足する中、
ロレックス以外のブランド時計に
目を向けるようになっていたときに、










パテック・フィリップという時計ブランドの
価値や美観を認識したのが、
このゴールデン・エリプスでした。













個性的なケースデザインにも関わらず、
そのデザインが破綻せず、
不思議な調和を感じさせる時計。











控えめでありながら独特な存在感、品格がある時計。
実際、パテックというブランドを語るとき、
英国エリザベス女王らが愛用していると冠がつきますが、








c0284210_23445460.png






エリザベス女王自身がご所有の時計も、
イリプスにダイヤを施したものですから、







c0284210_23452163.png


パテックの中でも、ゴールデン・エリプスは
非常に格式のあるモデルなのです。








そんな今から遡ること20年近く前の当時の私には、



一国の女王や首相が着用する時計とは、
そういう素晴らしい時計であり、
彼らが愛用するイリプスをいつか着けこなせる、
良い歳の取り方をしたいと思ったのですが、
そんな思いは今でも変わっていません。









エリプスを自分のファッションに合わせたら、
どんな雰囲気になるだろうか、









そんな想像をすると、不思議と心がワクワク、
とても楽しめそうな気分になれそうです。









幸いなことに、現在のエリプスは、
海外での評価の高さに比べると、
日本国内では注目度合いがなぜか低いため、
国内の価格は割安感が強い状況下にあります。











まさにバリュープライス。








したがって、パテックのゴールデン・イリプスは、
いつか良縁がありましたら、
手に入れたいと思っている時計です。








ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Rolex Street 6098 は、腕時計ブログです。




[PR]
by asmars | 2016-06-12 07:01 | その他の機械式時計 | Comments(4)


1999年に、米国経済誌フォーチュンで
20世紀最高の経営者に選ばれた米国の経営者と言えば、
「ゼネラルエレクトリック(GE)」CEOの
ジャック・ウェルチ氏(Jack Welch)


c0284210_22242789.jpg



最高時の年収は9400万ドルにも達したそうですが、
そんな世界的な経営者である
ジャック・ウェルチ氏の愛用時計が何であったか気になりますよね。





氏の写真で多数見ることができますので、
長年愛用されていたようです。





c0284210_22334569.jpg


この特徴的な時計。



c0284210_22341090.jpg


これはパテックの、




c0284210_22345048.jpg

カラトラバ。

少しアップするとベゼルの特徴的な装飾も。




c0284210_22352053.jpg



そう、パテック・フィリップのカラトラバ
(Patek Philippe Calatrava Ref.5120J)でした。





c0284210_22360967.jpg


やはりさすがの世界が認めた最高の経営者は、
パテック・フィリップの「控えめ」の美学を、
しっかりとご理解され愛用されておられたのですね。



ブログランキング・にほんブログ村へ

Rolex Street 6098 は、腕時計ブログです。


[PR]
by asmars | 2016-05-25 07:01 | その他の機械式時計 | Comments(2)



ドレスウォッチは、シンプルであるがゆえ、
時計の良し悪しがはっきり出てしまう。




だからこそ、良きものを選ばねばならない。
では最高のドレスウォッチは何か。





こう質問されたならば、
時計好きなら、きっと、







パテック・フィリップの
カラトラバと答える方が多いでしょう。






それだけドレスウォッチというジャンルで、
確立した高い評価を得ているカラトラバ。









カラトラバという名称は、
他のモデルとの区別のため、
パテック社内で使われていたのがその起源の模様。
リューズのカラトラバ十字に由来しているそうです。






そしてカラトラバには、大きく新旧ともいうべき
二種類のデザインの系統があります。





それは旧の96系と、新の3919系ですね。




私の好みあえて言えば、パテックの長きにわたっての顔として
カラトラバをドレスウォッチのジャンルで
最高峰という評価を確立したと言える3919です。服に合わせやすいんですね。



c0284210_21290067.jpg
の3919に対して







の3796がこちら↓
c0284210_21301548.jpg



そこには完璧な調和が存在し、
時計からは、パテックの美学を表現する、
控えめなはずも隠しきれない、
正統派たる気高き品格のオーラが強く漂い、
所有者を魅了させてくれる魅力があるのでしょう。



c0284210_21371078.jpg


3919は絶妙な33mm径ラウンドのケース
ベゼルには時計に華やかさを彩るクルー・ド・パリの装飾仕上げ。
文字盤はローマンインデックス。






また3919は、ケース径が33mmですが、
不思議と36mm径くらいに見えてしまう
存在感、見た目のバランス感があります。
隙のないデザイン、その完成度は素晴らしいの一言です。





ちなみに、33mmの3919に対して、
ケースサイズを大きくした現行版が、5191です。




もっとも個人的には、ケースサイズが少し大きくなった5191に対して、
圧縮感からは33mmケースの3919が日本人には最適に思えます。





そして、もう一つ。
実は3919はいくつか限定バージョンがあって、
文字盤のローマンインデックスの大きさが、
少し変わることで、印象がかなり違くなります。




ローマンインデックスがアップライトになっている
日本限定版があったりしますが、




日本限定版3919
c0284210_20543218.jpg







中でも特に珍しいかつ美しすぎると、
海外コレクターからも高い評価を受けているのが、
カラー文字盤の3919です。




3919限定グレー文字盤
c0284210_20464905.jpg



そして海外サイトの情報によりますと、
グレー文字盤が150本より少ないリリースという話ですが、
パテックの魔術、製造技術は秘中の秘と言われる(パテックのカタログより)
ブルーゴールド文字盤もなんとリリースされており、
グレーよりブルー文字盤のほうが少ないとのこと。



3919限定ブルー文字盤
c0284210_20480121.jpg



この限定カラー文字盤の3919の文字盤デザインは、
おわかりかと思いますが、
なぜか通常版ホワイトダイヤルの3919と違って、
ローマンインデックスが、
パテックの最上級モデルの一つであるリピーター付きの
5078Pの文字盤に非常に似ています。
それだけ、文字盤のデザインバランスが素晴らしいのでしょう。



そのためか、3919の限定カラー文字盤は
市場に流通することも滅多になく大変貴重なため、
通常品よりも、著しく高い市場価値となっているようです。










ともかくも、限定版だけでなく通常版でも、
3919は気品があり美しい時計ですから、


c0284210_21010573.jpg



カジュアル使いのスポーツウォッチの対極として、
使い回しの良いドレスウォッチである
パテックのカラトラバを手に入れる選択は、
所有時計の構成としてベストだと思われます。







追伸

皆様、いつも、沢山のアクセスありがとうございます。
御礼申し上げます。

c0284210_23104316.png


今後も、これまで同様、気になった時計や、
時計について思ったことなどを書き続けていきます。



ブログランキング・にほんブログ村へ

Rolex Street 6098 は、腕時計ブログです。




[PR]
by asmars | 2016-05-20 07:01 | その他の機械式時計 | Comments(4)



政治家が身に着けるパテック・フィリップとは、
どのような時計か気になりますよね。



c0284210_22142431.jpg






そこで紹介しましょう。







まずは、ロシアのプーチン大統領です。
首相時代の写真かもしれません。



c0284210_21574031.jpg

パテックの3919か5119と思われます。
プーチン大統領の機械式時計好きは有名ですが、
さすがのコレクションです。






そして次は、







アメリカのルイジアナ州知事である
ボビー・ジンダル氏(1971年生まれの若手政治家ですね)


c0284210_21551579.jpg

爽やかな着けこなしですね。3919か5119でしょうか。




ちなみに日本の政治家では、
小沢一郎氏が3919か5119を着用しています。



嵐の桜井翔氏も5119のようですが、お父さんが次官だけあって、
桜井氏は将来の政治家志望でしょうか。





ブログランキング・にほんブログ村へ

Rolex Street 6098 は、腕時計ブログです。


[PR]
by asmars | 2016-05-18 07:01 | その他の機械式時計 | Comments(2)



いつも沢山のご来訪ありがとうございます。

前回に続き、

今回は宝飾ブランドのうち、カルティエの時計を選ぶなら基準です。

c0284210_18203757.jpg




宝飾ブランドの時計であれば、ダイヤモンド付等、
装飾性の高い、存在感のあるものを選べば、
基本的に満足度の高い時計となるのですが、





もう一歩進んで、女性陣からも高評価を受けるような
素敵なお洒落アイテムとして着けこなしたいですよね。






そのためカルティエに関しては、
他の宝飾ブランド時計とは少し違うポイントを
意識するとよいと思います。






まず、カルティエならではの、
こだわりとして時計の素材です。







ご存知の方も多いかもしれませんが、
カルティエは、宝飾品にプラチナを取り入れた
のブランドと言われています。






シルバーのように黒ずむことのなき素材として、
三代目のルイ・カルティエがプラチナを採用したそうです。







すなわち、そんなカルティエならではの
歴史的な意義も語れるプラチナ素材のケースを
是非とも選択したいところです。特に、カルティエのプラチナケースの時計は希少性が高く、マニアに人気で、市場ではゴールドよりずっと高値がで取引されています。







そして、お洒落は足して引いてが大事
と言われますが、時計も同じです。


c0284210_19093115.jpg





目立つ・個性的・存在感があるもの、
すなわち、足すのは比較的簡単ですが、




行き過ぎたファッションは逆に評価を下げますので、
むしろ、いかに引くかというのがポイントです。








では、何を引くべきなのか。








カルティエの時計の場合、
古典的なデザインが多い傾向があります。
そして、それが存在感にもなっています。
これはまさに足し算部分になるかと。







そこで引き算の観点からは、
時計サイズを、あえて小さめのケースを選ぶ
という選択が、



カルティエならではの個性をさらにぎゅっと凝縮させ
魅力を際立てるというわけです。





c0284210_19042534.jpg






ファッション誌でもこんな紹介記事があります。







MEN'S EX 2016年1月号

c0284210_00001343.jpg







実際にお洒落な方々が着けこなす姿を見ると、
さすが時計から溢れるオーラがわかりますよね。





時計にクセが強い分、
服装は時計より少し抑えめにするほうが
よりスマートな気がします。







また、時計王と知られる松山猛氏は、
時計の凝縮感に惹かれているそうです。








MEN'S EX 2016年1月号

c0284210_00005353.jpg



「さり気なくてお洒落な小ぶりの時計が今の気分」と








かつての、私のカルティエの時計探索においては、
金無垢、たとえばパシャゴルフのようなコテコテ
異彩なデザインの金無垢時計が、
インパクトがあって良いかなと気になっていました。




パシャゴルフ

c0284210_19175087.jpg






しかしながら、実は、
ある種の悩ましさを覚えて購入を見送っていました。







そのあるの悩ましさとは、







任侠映画の金持ち親分クラスが
まさに着用する形で出てきそうな、






クセの強さ、いやらしさ、派手な雰囲気が、
悪趣味になりはしないかという心配があり、






またどうも自分自身の雰囲気には、
合うがしなかったという理由でした。





時計に罪はない話ですが、
私の普段のファッションから、かけ離れ過ぎて、
ちょっと着けこなせないなと。





そのうちに、





近年、ロレックス以外の時計ブランドを色々試着し、
自らの相性を確認しながら購入したことで、
はっきり見えてきた自分の時計の好みや相性。





シンプル過ぎず、個性あふれるデザイン、
でも重装備ではない、
バランスの取れたスマートさ。






そんなカルティエの時計を探すとなると、
アンティークではなくヴィンテージ時計、
特にデカ厚ブームに入る前までの
ケース径36mm以下が対象となります。





そして前述のとおり、
カルティエをお洒落アイテムとして
引き算で選ぶなら、
33mm前後のケース径のカルティエを
あえて選ぶことになるでしょう。







ちょっと前ですが、雑誌LEONの2014年10月号でも、

c0284210_00140411.jpg




「お洒落なイタリヤ親父の腕元には、ちょい小ぶり時計」と。






カルティエは個性あるアールデコ的な
デザインコンシャスが魅力でありますから、


ケースのサイズが小さくなることで、
明らかにパテックの控えめの美学に通じる
カルティエならではの魅力が出現するかなと。






そこで、カルティエで、ケースデザインが
希少で個性的なモデルはと言うと、


タンクシノワ、ディアボロ
タンクアシンメトリック、クロッシュ等、
そんなモデルが挙げられるでしょうか。





タンクシノワ

c0284210_18485185.jpg











タンクアシンメトリック

c0284210_18225259.jpg







クロッシュ

c0284210_18581323.jpg





ただ文字盤の12時位置が
タンクアシンメトリックは1時、
クロッシュは3時であるため、
この2モデルは、
時刻の読み間違いをしやすいのがかなり難点です。






でもフランクミュラーのクレイジーアワーほど
頭を使うわけでもないか。




視認性にこだわる方も多いでしょうが、
デザインの遊びと言うことで、
許容するしかないのでしょう。






そんなわけで、ロレックスに限られず、
色々と魅力溢れる時計を所有していることでも、
カルティエの時計選択基準が
あえて小さめを着けるに変わってしまったのです。





もちろん小さすぎては
レディースにもなりかねませんが、


サイズでは、LMを選ぶと男性がお洒落に
カルティエを着けこなす姿が演出できそうです。







というわけで、私的には、
カルティエのちょっと昔の廃盤品から小さめの時計を探し、
素敵な出逢いがあったら良いなと思っています。




c0284210_19052249.jpg





最後に、カルティエのムーブメントについて。
カルティエのムーブメントとして採用された
他社ムーブメントの名作を一つ取り上げましょう。





それはピアジェ製9P2ムーブメントです。
ビアジェのホームページ上では
9Pは1957年に発表された伝説的なムーブメントで
厚さ2mmの2針極薄手巻きムーブメントとなります。







それをさらに向上させたのが9P2です。
詳細はホームページを見ていただくとし、
この9P、9P2ムーブメントは
名作、傑作と評価されています。






カルティエにおいては、
プラチナやWGの手巻に採用され、
文字盤上あるいはケースの裏に、
MECANIQUEと記載がある手巻時計が
9P2ムーブメントが入っているようです。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Rolex Street 6098 は、腕時計ブログです。



[PR]
by asmars | 2016-05-16 07:03 | その他の機械式時計 | Comments(0)