時計購入の厄介な呪縛

時計好きにとって、最も厄介な呪縛とは何か。

それは、特に人気になっている、とにかくリセールが良い、
値上がりそうといった時計ばかりに目が行き買ってしまう、

あるいはそんな時計しか買えない恐怖の呪縛です。

そんな代表格の時計をあげればこの2本が筆頭でしょう。

パテックのノーチラス、ロレックスのデイトナ。

この呪縛が厄介なのは、時計趣味を衰退させてしまうことです。

自身の好みや本当に着けていたい欲しいものを解らなくさせ、

せっかくの時計の審美眼を曇らせてしまう、まさに悪魔の呪縛だからです。

もし今、時計収集に飽きが来ているのだとしたら、

実はそれらの限られた時計によって、飽きが来ている可能性が大いにあります。

なぜなら例えば、ロレックスの、しかもスポーツモデル一辺倒のコレクションでは、

せっかくの時計コレクションを並べてみても、何を感じますでしょうか。

想像してみてください。


それは、

時計ショップのよく見るありふれたショーケースや雑誌で見慣れた姿と

なんら変わり映えしないものではないでしょうか。


それでは面白みも乏しくなりますよね。


この呪縛に捕らわれている場合の対処方法は、なかなか難しいですが、
昔、手放した時計を今一度振り返って見てみることも良いことかと。

当時何が良くて買ったのかを突き詰めて考えてみる。

実はそこに答えがあるかもしれません。


昔はもっといろいろな種類の時計を付け替えて楽しめていたけど、

時計の数を集約してしまって本数が減り、それで服装に合わせ着け変えることが減り、

結局は数少ない時計に飽きが来ているとか。



だから、あえて色々な個性溢れる、違いのある時計に目を向けて、実際に買ってみるのも良いかと。
シーン別に最適な時計を着け変えられる程度の本数と種類の幅を大きく広げてみることも有効と思うんです。

特に今まで手を出さずにいたブランドやモデルに目を向けてみれば、

新たな発見も期待でき、時計ライフを楽しくさせる時計の出会いが生まれるかもしれません。

果たして、ノーチラスとデイトナ、この2本を、要らないから手放したい、買える金はあるが欲しいと思わない、

という時計趣味人、時計収集家として、半ば仙人レベルの、時計好きの高み、頂きに到達できるかどうか。

そうなった時に、ようやく一皮むけた状態、曇り空から晴れて澄み渡った青空を眺めるように、

自らの真の審美眼により選んた時計に囲まれることよって、ようやく、

時計収集の楽しみを見出だせるスタート地点に立てるのではないかと思っています。


ちなみに、あなたの時計ライフは楽しいですか?と訊かれれば、
私は益々楽しくなってきていますよと答えられますので。

相変わらず、そんな時計集めの醍醐味を満喫する生活を送っています。



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


Rolex Street 6098 は、腕時計ブログです。


[PR]
by asmars | 2017-09-07 22:11 | ROLEX | Comments(0)