パテック・フィリップのカラトラバの魅力




ドレスウォッチは、シンプルであるがゆえ、
時計の良し悪しがはっきり出てしまう。




だからこそ、良きものを選ばねばならない。
では最高のドレスウォッチは何か。





こう質問されたならば、
時計好きなら、きっと、







パテック・フィリップの
カラトラバと答える方が多いでしょう。






それだけドレスウォッチというジャンルで、
確立した高い評価を得ているカラトラバ。









カラトラバという名称は、
他のモデルとの区別のため、
パテック社内で使われていたのがその起源の模様。
リューズのカラトラバ十字に由来しているそうです。






そしてカラトラバには、大きく新旧ともいうべき
二種類のデザインの系統があります。





それは旧の96系と、新の3919系ですね。




私の好みあえて言えば、パテックの長きにわたっての顔として
カラトラバをドレスウォッチのジャンルで
最高峰という評価を確立したと言える3919です。服に合わせやすいんですね。



c0284210_21290067.jpg
の3919に対して







の3796がこちら↓
c0284210_21301548.jpg



そこには完璧な調和が存在し、
時計からは、パテックの美学を表現する、
控えめなはずも隠しきれない、
正統派たる気高き品格のオーラが強く漂い、
所有者を魅了させてくれる魅力があるのでしょう。



c0284210_21371078.jpg


3919は絶妙な33mm径ラウンドのケース
ベゼルには時計に華やかさを彩るクルー・ド・パリの装飾仕上げ。
文字盤はローマンインデックス。






また3919は、ケース径が33mmですが、
不思議と36mm径くらいに見えてしまう
存在感、見た目のバランス感があります。
隙のないデザイン、その完成度は素晴らしいの一言です。





ちなみに、33mmの3919に対して、
ケースサイズを大きくした現行版が、5191です。




もっとも個人的には、ケースサイズが少し大きくなった5191に対して、
圧縮感からは33mmケースの3919が日本人には最適に思えます。





そして、もう一つ。
実は3919はいくつか限定バージョンがあって、
文字盤のローマンインデックスの大きさが、
少し変わることで、印象がかなり違くなります。




ローマンインデックスがアップライトになっている
日本限定版があったりしますが、




日本限定版3919
c0284210_20543218.jpg







中でも特に珍しいかつ美しすぎると、
海外コレクターからも高い評価を受けているのが、
カラー文字盤の3919です。




3919限定グレー文字盤
c0284210_20464905.jpg



そして海外サイトの情報によりますと、
グレー文字盤が150本より少ないリリースという話ですが、
パテックの魔術、製造技術は秘中の秘と言われる(パテックのカタログより)
ブルーゴールド文字盤もなんとリリースされており、
グレーよりブルー文字盤のほうが少ないとのこと。



3919限定ブルー文字盤
c0284210_20480121.jpg



この限定カラー文字盤の3919の文字盤デザインは、
おわかりかと思いますが、
なぜか通常版ホワイトダイヤルの3919と違って、
ローマンインデックスが、
パテックの最上級モデルの一つであるリピーター付きの
5078Pの文字盤に非常に似ています。
それだけ、文字盤のデザインバランスが素晴らしいのでしょう。



そのためか、3919の限定カラー文字盤は
市場に流通することも滅多になく大変貴重なため、
通常品よりも、著しく高い市場価値となっているようです。










ともかくも、限定版だけでなく通常版でも、
3919は気品があり美しい時計ですから、


c0284210_21010573.jpg



カジュアル使いのスポーツウォッチの対極として、
使い回しの良いドレスウォッチである
パテックのカラトラバを手に入れる選択は、
所有時計の構成としてベストだと思われます。







追伸

皆様、いつも、沢山のアクセスありがとうございます。
御礼申し上げます。

c0284210_23104316.png


今後も、これまで同様、気になった時計や、
時計について思ったことなどを書き続けていきます。



ブログランキング・にほんブログ村へ

Rolex Street 6098 は、腕時計ブログです。




[PR]
Commented by まーす at 2016-05-20 20:48 x
3919の限定グレー文字盤、これは大好きですねぇ♪♪  私が所有する唯一のカラトラバもグレー文字盤(5026、ミレニアム)で、周りからの評判は・・・ですが、個人的には大好きです(笑)
Commented by asmars at 2016-05-20 23:26
> まーすさん
5026のグレー文字盤をお持ちなのですね。たしか、まーす様はヴァシュロンの初期オーヴァーシーズのグレー文字盤もお持ちでしたよね。オーヴァーシーズのカラー文字盤も、かなり良い味を出してますよね。
カラー文字盤のカラトラバは、特に存在感が増すので、時計に目線が集まる気がします。もちろん白文字盤は白文字盤の良さがあり、カラー文字盤にはカラー文字盤なりの良さがあると思っています。
Commented by mc at 2016-05-21 16:47 x
次はチェリーニの5112辺りを買います。

イランっすかね~。笑
Commented by asmars at 2016-05-21 22:26
> mcさん

おおーっ、実は私も注目していました。
実物をパテックのカラトラバと比較してみたいですね。
5112には、グレー文字盤ありますが、雰囲気もよさそうです。
ただ、サイズが32mm程度のようですので、腕のせてみてからですね。
by asmars | 2016-05-20 07:01 | その他の機械式時計 | Comments(4)