宝飾ブランドの時計の魅力



今回は、宝飾ブランドの時計についてです。


c0284210_11493783.jpg




読者の皆様、ここ最近、時計趣味を満喫されていますか?





軍資金が枯渇しているならともかく、
「今は待ち時だ」と、悠長なことを言っていては、
良き時計の出物を見逃してしまうかもしれません。







皆が買いたいと思う時は、むしろ、
品揃えや商品在庫が少ない状況になっている、
という考慮が欠けているからです。









だからこそ、




c0284210_23050884.jpg


ということ。



数十年、時計収集に没頭していますが、
長年見ている経験則からすると、




相場の上昇や下落といった変動の傾向
見え始めたときには、
比較的、出物も多く出やすいように思われます。









ここ1か月の間でも、その日のうちに
あっという間に売り切れとなり
買えなかった時計が、2本ありました。







また、特定ブランドの、
特定の過剰人気モデルを除けば、

宝飾ブランドの時計など古めのモデルは、
ここ数年の相場上昇の影響
ほとんど受けていないように感じます。






ゆえに、良き出物との出会いがあれば、








c0284210_23135329.jpg





という勢いも時には必要なのです。







買わずにあとで後悔するくらいになるなら、
買って後悔のほうが良いかもしれません。








先日、開催された東京時計マラソンは、
なんと、驚異のコースレコードの更新がありました。








買いたいものがあるタイミング
そんなに滅多にありませんので
勢いは大事なのでしょう。









さて、ようやく本題の宝飾ブランドの時計について。





時計を趣味にしているなら、
特定ブランドや特定モデルだけの所有では、
やはり飽きがきてしまうものです。





色々な時計を着け替えることができるからこそ、
ファッションにもが出て愉しいかと。




そこで、




更なる時計趣味人の高みに至るステップとして、
宝飾系ブランドの時計を、この際、
身に付けてみるのはいかがでしょうか。






宝飾ブランドの時計を探す、
楽しいと思うんです。







私もとても楽しいですし。







宝飾ブランドの時計というと、
大ヒットしたパシャやブルガリブルガリを生んだ、
カルティエやブルガリは鉄板ですが、



ハリーウィンストンやヴァンクリーフも、
このところ着実に時計に力を入れてきています。








宝飾ブランドの時計ならでは、
デザインコンシャスな時計も多いので、
お洒落なモデルが揃っています。



c0284210_22532976.jpg




ちなみに、ブルガリブルガリは時計デザイナーの
故ジェラルド・ジェンタ氏のデザインであり、
ジェンタフリークなら、手に入れておきたいですね。






昔はこんな限定ものもありましたね。





c0284210_22511284.jpg





では、宝飾ブランドの時計を買うならば、
どんなモデルがよいか。







やはりそのブランドの強みを十分に意識した
そんな時計選びをすべきです。




すなわち、ゴールドかプラチナ
そしてダイヤモンドなどワンポイントでも
石付の宝飾品としての時計を選ぶべきでしょう。



また限定ものを選ぶというもの良いですし、
デザインが個性的なものを選ぶのも、
所有する時計と差別化でき、満足感が高くなるでしょう。







パシャやブルガリブルガリでも、
ゴールドの色無垢やダイヤなどの石付の時計は、
流行を過ぎようが、やはり普遍的な魅力があります。








特に、カルティエやブルガリのヴィンテージや
ディスコンティニュードの宝飾時計であれば、
古き良きものを所有し、長く大切に使っている
そんな高印象を与えてくれる時計となるでしょう。






マデュロの四コマ漫画にもこんなくだりが。





c0284210_12382432.jpg


個人的にも、このマンガの
ジジィ珍百景シリーズの、
単行本化をぜひ希望したいところです。






ともかく、








昔のものでも古典的なデザインや
先鋭的なデザインを選ぶと、

見る者に物珍しさを感じさせるだけでなく、
お洒落感を強調できて良いようです。








今日、目にすることが少ないだけに、
漫画のように、時計に気づいたレディとの間で、
こういうデザインのカルティエがあるんだねと、
時計のうんちく話できっとが咲くことでしょう!








だから、欲しい時計がないなんて思っている方は
宝飾ブランドの時計に目を向けてみれば、
きっと手軽な素敵な時計を手に入れられるはず。






夏場にキラリと輝く宝飾時計で、
バカンスを楽しみたいですね。





物欲を失くした枯れジーではなく、
やんジーかチャラジーで行きましょう。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Rolex Street 6098 は、腕時計ブログです。





[PR]
Commented by asmars at 2016-05-07 13:07
久方ぶりのブログ更新です。
最近、以前から気にしている時計達が、ちらほら売りに出ています。
しかし、そんな時計達は売れてしまうのも、あっという間でして。

個人的にはゆっくり検討したいと思っていても、
そんなの関係ないとばかりに、売り切れに。

結構それなりの値段なのに、勢いを感じます。

時計の売れ行きは少し落ちているようだけれど、
中野の時計店は相変わらず、多くの人で溢れています。

時計ブログだけが衰退しているのでしょうかね。
Commented by イワ at 2016-05-07 18:50 x
やんジー最高!(爆)

オリジナルに忠実な復刻物は大歓迎なんですが、どこも何故が手を加え過ぎるんですよね~(泣)
Commented by asmars at 2016-05-16 07:47
> イワさん

ほんと、復刻ものは、不思議なくらい手を加えますよね。
デザインの良さで復刻ニーズがあるはずなのに、
現代向けアレンジなのかわかりませんが、
改善というのはあまりなく改悪に近いものが多い気もします。

やんジーのくだらなさが、クセになりますね。
マデュロ廃刊にならないで欲しいです。
by asmars | 2016-05-07 12:49 | その他の機械式時計 | Comments(3)