ヴァシュロン・コンスタンタンの新オーバーシーズの実機



SIHH2016にて、華々しく出品された

ヴァシュロン・コンスタンタンの最新のオーバーシーズ。




ようやく実機写真が出回りはじめたようで、

3針時計について、感想を述べたいと思います。







まず、初期モデル。

c0284210_13365121.jpg






現行モデル
c0284210_13181161.jpg






SIHH2016での新作は

c0284210_13124893.jpg




1.ケース

正面から見た姿は、肉厚そうなケースなのに、

横から見ると、とても薄い。



私が保有する初期オーバーシーズより薄いようで、

以前のデカ厚ブームも解消傾向にある模様。

使いやすそうです。



欲を言えば、幅40mmケースということらしいので、

40mmを下回る37くらいであれば即注文であったかも。






2.ブレス

ブレスに、革ベルト、さらにラバーベルトと、

付け替えられる使用もユーザーニーズに応えていて

非常に良いです。


ただブレスデザインは、初期オバシの

日本の石垣を組んだような形状が好きなので、



現行モデルを承継したマルタ十字型で

あったのは、個人的には残念でしたが。






3.文字盤

実機写真を見る限り、

私が所有する初期オバシ同様に、サンレイ仕上げ

(光の当たり具合で陰影が放射状に広がる)

のようです。



文字盤のデザインは、初期オバシ寄りの傾向に

戻った感じがしますね。

現行派かなりスポーティー感を強めに

走りすぎていた感がありますので。






4.総評

初期オバシのシンプルさと控えめな上品さとくらべると、

現行はかなり若々しくスポーティー。

そして新作は、初期のシンプルさにラグジュアリー感、

高級感を高めたデザイン・造りというところでしょうか。



初期、現行、新作、3種類が被ることなく、

それぞれの魅力を発揮していると思われます。


使うシーンを考えてみると、

初期はビジネス向け。

現行はカジュアル向け。

新作は華やかな場所向け。


では、最後に、購入是非はというと・・・・






5.購入是非について

ブルー、ホワイト、グレーの文字盤はリリースするようですので、

各色の文字盤の時計をすべて試着して見比べてからでしょうか。



為替も円高に振れてくれていますので、値段もどうなるのか

不透明感もあります。



そんな値段次第ではありますが、初期や現行モデルのほうが、

コスパが高い状態は続くのではないかと。



また、新作モデルの、ブティック限定モデルなんかも

もしかしたら時間が経てば出てきてくれるかも、

なんて期待もあります。



というわけで、とりあえず、

焦って予約を入れることはせず、静観したいと思っています。



最後に、評価の参考にさせて頂いた写真は



英文サイトは充実度合いは高いですね。


c0284210_13020606.jpg

現行、新作モデルも良くできていますが、

初期オ-バーシーズの満足度も高いですよ。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Rolex Street 6098 は、腕時計ブログです。




[PR]
Commented by cm at 2016-02-14 08:36 x
ですね。私も初期モデルが好きです。

春巻きに巻かれても大丈夫ですから。爆
Commented by 匿名E at 2016-02-14 12:02 x
私的には、現行モデルの方が・・・・
新作は”カレンダー”の位置が・・・・
Commented by イワ at 2016-02-14 16:15 x
外観は丸っこい新作より現行のカクカクした方が好きですが、
新作の方が大きさ・文字盤は好みです。
ベルトの交換が簡単に出来るのも良いですね。

まぁ、新作の一番のネックは値段ですね^^

Commented by mars at 2016-02-14 17:50 x
確かに、私の初期型も春巻きに巻かれても、大丈夫でした(笑)

新型、カッコいいですが凄い価格になるとか?? 
駆け込みで、現行の限定品(青文字盤)を購入しょうと思いましたが、某方と「まる被り」と知り、断念しました。

リーマンですので、ビジネスに向く初期型を大事にします。
Commented by asmars at 2016-02-20 11:55
> cm様

春巻きの彩りとして、華を咲かせたヴァシュロンのお姿、衝撃的でした。

そして、ビールの入ったジョッキに、

ロレックスをボチャンと入れてしまわれた方のお写真もびっくりでした。

皆様、凄すぎです。度胸なしの私では、怖くて出来ませぬ(笑)。
Commented by asmars at 2016-02-20 11:58
> 匿名E様

オーバーシーズ、初期、現行、新作、同じモデルではあるものの、
それぞれ魅力溢れ、どれを選ぶべきか、悩まれる方も思います。
新作のカレンダーの位置、たしかに・・・。
新作は、文字盤のバランス上、あえてカレンダーを入れない選択もあったかもしれませんね。
Commented by asmars at 2016-02-20 12:01
> イワ様

新作の一番のネックは値段、その通だと思います。
パテックのノーチラスのプライスに引きずられてしまうのか、
APのオークに寄るのか、
VCの販売戦略が見えてくるので興味深いところです。

やはり、気分を変える上でも、ベルト交換が楽にできるのは良いですよね。
Commented by asmars at 2016-02-20 12:09
> mars様

状態の良い初期型も少ないですから、ぜひ大事になさってください。
仕事の場でも、時計好きの方だと、まず気づいて声を掛けてくださいますから。
時計に詳しくない方でも、気になるのか、
お洒落な時計ですね、どこの時計なんですかって?尋ねてこられたりします。

mars様お持ちの初期型、文字盤色も私は好みですので。
最近、針、文字盤、ベゼルを含め、オールニューをしたい欲求に駆られています。

価格がいくらになるか怖すぎて、まだ見積もりをお願いできていませんが(笑)
by asmars | 2016-02-14 00:01 | OTHER | Comments(8)