セレブの時計とは、





身につける芸術品、そんなオークションピースを保有し着用してこそセレブですね。




雑誌ローテッドの時計特集号の表紙を飾る時計として相応しい時計が。




c0284210_11334808.jpg



長瀬さんの左腕には、

アンティークロレックスの雄、キリー。




c0284210_11420288.jpg



このキリーRef.6036を、プレデイトナとか言うのは、

はっきり言って恥ずかしいから止めたほうが良いですね。

雑誌上で時々見かけますが、一般受けを狙ってそんな名称を付けた、

まさに低俗な言い方ですから、時計情薄者扱いされてしまいます。

デイトナなぞ足元にも及ばない、素晴らしい価値がある芸術品ですから、

そんな俗な呼び方は失礼千万。





オリンピックのスキーチャンピョンである、

ジャンクロード・キリーが着用していた時計ということで、この通称がつきました。

2012年時点で、たしか、60万ドル越えの落札価格だった記憶が。

今ならもっとするのではないでしょうか。






大金を出しつづければ簡単に手に入る、

パテック・フィリップのコンプリケーションでお金持ちを気取るより、

やっぱりこういうアンティーク時計を持っているほうが、

こだわりの時計好き、お洒落上手と思ってしまうのは、私だけでしょうか。

パテックでしか時計を語れないのは寂しすぎますよ。



c0284210_11422505.jpg

このキリーは、長瀬さん、本人の私物だそうです。




アンティーク時計の、その換金性、容易性、リセールバリューとか、

そんなの本当のセレブには関係ないのですね。

そういうものを保有しつづけられるだけの人間力・資金力があってこそ。





こういった状態の良いオークションピースとなるような

アンティークロレックスの芸術品は、

それなりの相応しい人の下にいく定めなのでしょう。




最近、ファッション誌で、時計を着用した写真掲載の時計特集が多いのは、

実に良い傾向だと思います。

時計単体を美化した写真では、厚化粧して撮したようなもの。

着用してこそ、時計の真の魅力が見えてくるかと。





[PR]
by asmars | 2015-12-29 12:00 | ROLEX