その時計、身の丈に合っていますか




あなたのお持ちのその時計、

本当に身の丈に合っていますか?







c0284210_22055562.jpg





身の丈の合わない時計を買っていると、いつかは

時計趣味も持続できずに、せっかくのコレクションを

売り払うことになります。





身の丈の不相応さに気づいて後悔し、売り払う程度なら、

まだ救いはあるのでしょうが、

怖いところのご厄介になってしまっては大変。





c0284210_22063549.jpg




だから、自分の社会的な地位や自分の収入・財産に、

見合った時計をしているのが一番。





c0284210_17481547.jpg

これは、男性でも同じことが言えますよね。



時計で見栄を張るより、自分を磨くのが大切なのです。







また、1本だけ良い時計というのも、

時計だけが、浮くことになりがちなパターンかも。




やはり、一番高い所有時計を同じレベルであと3本くらいは

持っていられるようでなければ、

高すぎる時計を保有している状況かもしれませんよ。







高い時計をひけらかしていると、







時計店の店主や販売員には、




c0284210_22075888.jpg


と、カモネギ扱いされたり、思われていたりするかも(笑)









あるいは、使いもせずに、

長期保管をがんばって、

結局、大した差益もなく、売りに出して、












店主から、

「いつもありがとうございます」の影で、








使いもせずに

c0284210_22090628.jpg


とか、実は思われたりしてはいませんかね。








そんな時計の 投資 投機は、破綻懸念が大かと。











最後は、








投機に失敗して




c0284210_22463227.jpg






首が回らなくなって、






c0284210_22131745.jpg


なんて、言われてしまう、

恐ろしい日が待ち受けているかもしれませんよ。









株価の動向も不安定で、景気の変調も見え始めた可能性もあります。







特に、12月過ぎても売れずに店で年越しをした人気時計は、

お店が販売価格を高値に設定しすぎたものが多いのは間違いなく、

お店の長期在庫になりやすい傾向がありますから、

のんびりと待って年明け後にでも価格が下がってくるのを

期待するのもありですし、

案外、他の別の時計を選択肢とするほうが良いかもしれません。







クリスマスや正月は、男性は何かと物入りの時期で、

時計購入にお金は回りにくいですから、

お店としても、早めに見切り価格にしておくのも、

経営上、大事かもしれませんね。






[PR]
by asmars | 2016-01-27 00:03 | OTHER