16550の謎



5桁ロレックスで、最も謎だらけの存在が、

Ref.16550のエクスプローラー2であることは間違いない。


c0284210_08582846.jpg




今回記事化したのは、更なる謎を深めることになる個体を発見したからだ。






発見したこのRef.16550には、正直驚かされた。

保証書付きの貴重な個体であるからモノは間違いないと思われるが、




なんと、グロッシーホワイトの特徴である黒縁のアワーマーカーにもかかわらず、







下段部の2行のレター(文字)部分において

「中心で綺麗に隙間が入っている、

いわゆるロレックスマニア(海外含む)では、

「センタースプリット(レイルダイヤル)」といわれる文字板となっているのだ。


c0284210_08301345.jpg

しかも、箱・保証書付きで、まだ販売中なのだ。


アイボリーと記載されているが、いわゆるグローシーホワイト文字板が

少しアイボリー色に変化した個体と考えて良いと思われる。



楽天市場で「ロレックス 16550」と検索すると出てくる。

ぜひ、御確認頂きたい。




果たして私の16550グローシーホワイトが、

使い続けているうちにどのような変化を起こしてくるのか、

少し楽しみになってきた。




でも私は、ポーセリン、エナメルのような

光沢感のある綺麗な白を維持しておきたい気持ちも強い。


できれば、トリチウムが、きれいに焼けて、白とのコントラストが

強調された、以下のような感じにできたらよいかなと思っている。

なぜなら格好良いなあと、素直に思うからなのです。

c0284210_08422936.jpg
こちらも黒縁アワーマーカーのセンタースプリット(レイルダイヤル)ダイヤル。
センタースプリットは前期モデル限りと一部で言われていたが、それは誤りだ。
黒縁でもあるのである。



16550グロッシーホワイトは、5桁GMTよりも、

はるかにレア、希少モデルでしょう。




[PR]
Commented by asmars at 2015-09-22 14:49
ワロさん

グロッシーホワイトの意味ですが、英語を単にカタカナ読みしただけですよ。

グロッシー=Glossy=光沢がある、ツヤ感がある。
マット=Matte=光沢がない、ツヤ感がない。

したがって、グロッシーホワイト(Glossy white)とは、光沢・ツヤ感のある白という意味です。

日本では、ミラーブラックという言い方もありますが、
glossy blackというほうが良いかもしれませんね。
Commented at 2015-09-22 18:29 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by asmars at 2015-09-22 23:04
> 匿名様

さっそくメールをお送りさせていただきました。
どうぞよろしくお願いします。
Commented at 2015-09-23 10:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by asmars at 2015-09-25 17:22
匿名様
承知しました。
Commented at 2015-09-27 15:00 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by asmars at 2015-09-28 17:18
匿名E様
ご連絡ありがとうございます。
後ほど拝見させていただきますね。
by asmars | 2015-09-19 09:00 | ROLEX | Comments(7)