ロレックス 2015バーゼルワールド新作発表


バーゼルワールド2015にて、ロレックスの新作発表が行われました。

注目株は、ロレックス ヨットマスターの新作。

c0284210_22311549.jpg

セラクロムベゼルと浮かび上がる数字。

回転ベゼルに搭載されたブラック セラミック製の
新しいセラクロム インサートは、
数字と目盛りが、マット仕上げのベースにくっきりと浮かび上がる。

c0284210_22315990.jpg
パテックのアクアノートのように夏場も使いやすいものとなりそうです。

c0284210_22321177.jpg


複数サイズもあり。
スポールモデル偏重の流れはまだまだ続いている模様。
実物は見てみる価値がありそうですね。
37ミリは着けてみたいですね。







続いて、ロレックス デイデイト40

c0284210_22335178.jpg


40 mm ケースに、新しい機械式ムーブメントキャリバー 3255搭載

c0284210_22340131.jpg
プラチナモデルですね。

c0284210_22340959.jpg


文字板にこだわったようで、タペストリーのようなデザインも復活していますね。

c0284210_22345005.jpg
c0284210_22345803.jpg
c0284210_22350481.jpg
デイデイト2のサイズが大きすぎるという批判の修正でしょうが、
40ミリサイズは日本人にはちょっと中途半端なような気がします。
38ミリサイズでも良かったのではと思います。
欧米人向けなのかな。でも、デカ厚みブーム終焉の証かと。




そして、チェリーニタイム。

c0284210_22353682.jpg
c0284210_22355175.jpg

総評としては、もう少しチャレンジングなデザイン変更が欲しかったかな。
ヨットマスターの文字板は特にそう感じました。
でも、ラバーベルトの時計がロレックスからリリースされたことは
意義があるでしょう。今後のさらなる幅広いモデル展開に期待ですね。


※画像は、ロレックス公式HPより引用させて頂きました。





[PR]
by asmars | 2015-03-18 22:42 | ROLEX