宝石珊瑚の文字板のロレックス


一攫千金狙いで、日本の宝石珊瑚を採りにやってくるの中国密漁船団。

c0284210_21261483.jpg



宝石サンゴの価値が著しく上昇していることも一因のようですが、

珊瑚(コーラル)を使った文字板が、

ロレックスやパテック・フィリップに存在していたのを

読者の皆様はご存じでしょうか。




そこで、まずは、宝石珊瑚の希少価値を理解していただきましょう。




立正大学(地球環境科学部)岩崎 望さんの説明に依ると、 


宝石サンゴが日本にもたらされた時代は定かではありませんが、

現存するものとしては正倉院に納められている珊瑚のビーズが最古の物です。


c0284210_21294234.jpg



これは、聖武天皇、光明皇后らが奈良東大寺の大仏開眼会(752年)で

使用したとされる冠を飾っていたものと伝えられています。







琉球諸島周辺海域から採取したモモイロサンゴの

肥大成長速度(骨軸が太る速度度)は、1年で0.15 mmと非常に遅く、

大人の小指くらいの太さになるのに
約50年かかるそうです。

c0284210_21115565.jpg

それでは、浦島太郎のおじいさんになってしまいますね。









そのため、宝石サンゴを人工的に飼育し増産を図ることは、

その成長が遅いために現実的ではないのですね。









岩崎さんの説明以外にも、調べてみると、




虫食いされたものが8~9割の為、宝石珊瑚として加工できるものは、

たったの1、2割しかない。





珊瑚は海中で成育しているため、貝や甲冑類などが珊瑚に付着し、

これらを巻き込み成長するため、加工の途中で、

これが不純物で表出することもある。


と言われております。










となると、もし時計の文字板として、珊瑚で一枚板で作ろうとすると、





必然的に大きな直径が必要となるわけで、

1センチを超える文字板クラスでは、

100年にも渡って成長した珊瑚の原木が必要となるはず。






だからこそ、珊瑚(コーラル)文字板は、

非常に凄い希少性がでるわけです。






近年、高級時計に使われるマザーオブパール文字板とは

もはや比べものにならないレベルの

高い価値を珊瑚(コーラル)文字板は持つわけです。



そこで、まずは稀少なパテックフィリップの

宝石サンゴ文字板をもつ時計から紹介しましょう。


c0284210_20374330.jpg
PATEK PHILIPPE Ref.4300








さらに、同形状で、石付もあります。










c0284210_20400348.jpg
c0284210_20402326.jpg
PATEK PHILIPPE Ref.4298



装着写真もありまして、

c0284210_20414639.jpg





そして、ロレックスのほうはと言いますと、

c0284210_20474758.jpg


1970年製だそうです。
Rolex Ref.6916 or 6917
ですが、95万円ほどのお値段。




c0284210_21015046.jpg



宝飾性の高い文字板を展開していたロレックスならではですね。

実に素敵な文字板です。












ロレックスにおいては、

珊瑚(コーラル)文字板は、ギャラ等から、

1990年前半までは存在していたのを確認していますが、

これが90年代の最後のモデルでしょうかね。


c0284210_20354134.jpg


90年前半でも、レディースロレックスにもかかわらず、

その定価は155万円ほどであったため、

当時でさえも、いかに珊瑚文字板の付加価値が高かったかがわかります。





ずいぶん前に、日本ロレックスにて、古い文字板カタログを

拝見させて頂いたことがあるのですが、





残念ながら、その当時でも、珊瑚(コーラル)文字板は、

昔のカタログ上では掲載されていたものの、

もはや製造しておらず、在庫もありませんで、手に入れることが出来ませんでした。







価格が20年来、上昇し続ける珊瑚。

その珊瑚文字板を有するロレックスの希少価値は

ますます高まるのでしょうね。







[PR]
by asmars | 2014-11-22 21:31 | ROLEX