レアなデイデイトは




当時からのロレックスのデイデイトらしさを

維持しているのは5桁のデイデイトまでと思います。





4桁、5桁のデイデイトの珍しさは、

1.文字板、2.ダイヤの配置、

さらには、3.ケースに対するバーク加工など

様々な要素があります。









画面を見て左側のオレンジ色の文字板。

これは、今ではロレックスでは作られない、

大変稀少なコーラル(珊瑚)文字板のようです。


c0284210_14414382.jpg





コーラル(珊瑚)文字板が製造終了したのは、

環境保護の高まりもあり、

もはや製造できないという事情もあったのかもしれません。

美しい文字板ですね。













こちらはデイデイトのコレクター様の

素晴らしいコレクションです。



c0284210_14565222.jpg



これだけ色とりどりですと、服装ごとに合せるなんて出来ますね。










こちらもレアなデイデイト達。

c0284210_1457999.jpg













カラー文字板も、この4桁5桁の頃の作りは、

6桁現行にはない、手間のかかった素晴らしいつくり、美しさを感じます。


c0284210_1457324.jpg











このバーク加工も珍しいですね。

c0284210_14575128.jpg



線が入ったような樹皮模様ではないため、

これをバーク加工と言ってしまって良いかわかりませんが、


ブレスに対しても、こういう金細工的な美しさをもたせる

デイデイトならではの魅力が溢れていますね。






ロレックスの皇帝デイデイト、

エンペラーデイデイトに、

相応しい魅力が詰まっています。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by asmars | 2014-10-16 00:02 | ROLEX