ランゲ&ゾーネの相場感覚



前回、フランクミュラーの相場感覚を記事にしましたので、

今回はランゲ&ゾーネの相場観。

c0284210_0294428.jpg



最近、時計屋巡りをしていると、パネライの他に、

ずいぶんとランゲ&ゾーネの時計を

目にすることが多くなりました。

希少なものもチラホラと。





何店舗か、店員さんと話をした限りでは、

一時期の小ブームも終わり、放出が増えてきたとのこと。





ブームに踊らされた方が多かったのかな。


でも、おかげで、多少なりに、値頃感が出てきたように感じます。





たとえば、昨夜とある店舗で見たこの時計。

ランゲ&ゾーネ1815クロノ402.032 の価格。

c0284210_23425099.jpg


9月22日現在、税抜きで277万円ほど売られているのを発見。

c0284210_2343421.jpg



23日もまだ残っている模様。

c0284210_11321880.jpg



そんなわけで、フランクミュラー同様、

そろそろ値段も落ち着いてきたので、

ランゲを買い足すのに良い頃合いかなと感じ始めています。




ランゲ&ゾーネは、裏スケが強調されることが多いですが、

私個人としては、もっと別の所に魅力があると思っていますので、

次回以降にでも、ランゲ&ゾーネの魅力を語ってみたいと思っています。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by asmars | 2014-09-23 00:30 | その他の機械式時計