高級スポーツカジュアル時計の意外な相性


前回の本間誠二氏の書籍を紹介した記事の続きです。








比較的、TPOに合わせる使い分けを意識して、

ここ数年は、時計を買ってきたつもりですが、




最近、時計コレクションを眺めた時にふと、感じたことがあります。

少し偏りがあるなと。








どう偏っているかと言えば











よく使っている時計たちが、









比較的に品が良く美しく色気もあり、落ち着き感や優しさはあるけれど、














なんだか、”隙のない”時計が中心になってしまっているなと。



















だから、もう少し、幅を広げる意味で、










これまで、少し気になっていたブランドだけれど、

なんとなく、手を出せずにいたジャンルの時計ブランドの

購入を検討しても良いかなあと思い始めたわけです。









そのブランドとは、








ランゲ&ゾーネとは、対極をなす、

いやアンチテーゼな存在。











気軽な、若さがあり、元気な活力があり、

単にデカさで目立つのではない、

多種の素材を活かしたスタイリッシュな時計。








c0284210_22564728.jpg












ちなみに、数多く逸品時計をお持ちでいらっしゃる某様が、

このブランドをすでに1本お持ちでしたが、



昨年後半、さらにもう1本、ご購入され、コレクションを拡充されたのも、

よりそのブランド時計が気になった要因でした。





















その時計とは、遊馬のこれまでの選択肢からは、

ないように思われる方が多いとは思いますが、









いやいや、そのデザイン性は、以前から評価し続けていた、




















ウブロ。

c0284210_2295345.jpg

スイス時計界の重鎮、ウブロ会長ジャンクロード・ビバー氏

オーデマ、ピゲ、オメガ、スウォッチグループなどを経て
2004年HUBLOTのCEO就任。就任以来、その凄腕を発揮し、
ウブロを大躍進させたのは有名である。











まあ、ウブロは、

高級Gショックなんて悪口を言われますけど、



c0284210_22165069.jpg








でもね、みなさん。









知っていますか?















王族にも、愛用されている時計なんですよ。






c0284210_2210333.jpg


c0284210_2211103.jpg




好きな時計をいつでも手に入れられる王族の身分の方が選ぶ時計。


実際、デザインに遊びがある時計を持っているほうが、

余裕感があるかなって思います。









そんな遊び心と余裕感が親しみ感を呼ぶのかもしれません。








上記の写真の記事には、以下の文章が。






■「王の時計」と呼ばれる理由



ウブロの時計が王族に愛されるようになったきっかけは、

ギリシャのコンスタンティン王がウブロの広告を目にし、

斬新なウブロの時計を気に入って、スペインのフアン・カルロス王にプレゼントしたことから。





スウェーデンのグスタフ王もまた、ウブロに魅せられた一人で、

ノーベル賞の授賞式で着用して話題を集めました。




その人気はさらにヨーロッパ中の王室へと広まり、

モナコやスペインの王室の人々も愛用者のリストに名を連ねています。

そんなエピソードから、ウブロはヨーロッパで「王の時計」と呼ばれるようになったのです。








モナコのアルベール2世大公は“ビッグ・バン”を愛用


c0284210_22193346.jpg









スペインのクリスティナ王女もウブロのウォッチを愛用



c0284210_22203557.jpg









モナコのカロリーヌ公女もウブロを着用


c0284210_22205352.jpg










ビッグ・バンを着用するスウェーデンのカール・フィリップ王子


c0284210_22211673.jpg







王の時計かどうかは、よくわかりませんが(笑)、好きですよ、こういうデザイン時計。








そして、ムーブメントが、ETAだしって言われても、見た目重視のデザイン時計だから、

ホルダーさんや購入者は気にする必要はないのではと思います。









下手な自社ムーブメントよりも、多くのブランドで使われている

安心のムーブメントでもあるとも言えますからね(笑)







だから、過去の長い年月を経て評価されてきた銘品ムーブメントは別にして、




いままで外注頼りできたムーブメントをここ20年内程度で作り始めたようではねえ。



歴史もないでしょう。



だから、なんでもかんでも、

最近の自社ムーブメントの移行をありがたがる傾向には、

私は少し疑問なのです。








スポーツカジュアルイメージが強い、ウブロですが、

ウブロとスーツ姿、相性が良いようなのですよ。










そう思うのは、遊馬だけではないようで、

世のセレブな方々も、スーツに合わせておられます。






ほらこんな方々までも。


c0284210_1646384.jpg




c0284210_16462184.jpg




c0284210_22504310.jpg




c0284210_22511252.jpg




c0284210_22512957.jpg






まあ、ともかくも、

ウブロはデザインの時計ですから、

そのデザイン性を数回に分けて紹介していきたいと思っています。









サッカーの神様、マラドーナさんも応援していますよね。


c0284210_22301691.jpg








「さあ、みんな!ウブロの魅力を勉強しよう!!」

まさに違訳ですね(笑)

c0284210_22313198.jpg






TPOに合わせる時計、

スーツにもカジュアルにも、相性が良いウブロの魅力を

次回はもっと紹介しましょうかね!!








って言いながら、実は、次回の記事も出来上がっているのです(笑)

アップも早めにしましょうね。


お見逃しなく!!※



※過去記事は、ある程度時間が経過したところで、

非公開にする可能性があります。
[PR]
by asmars | 2014-03-03 00:03 | その他の機械式時計