ロレックス デイトジャストの評価




さすがにロレックス評価シリーズ企画も、
今回でついに四回目。





波田陽区はそろそろ飽きたよ~と、
読者様に言われてしまいそう(笑)





なんだかんだと、やいのやいのと騒がない、
遊馬のロレックスブログらしい落ち着き感も懐かしいかと。






それに、四回目なんだからあのモデルを扱ってくださいな
という要望もあるかなと。






だから、ついにおそらく多数の方がお持ちのオンタイム実用性

ナンバー1のロレックスを評価します。





そう、今回は、遊馬も多数所有するデイトジャストです。



c0284210_22144589.jpg






デイトジャストは、フルーテッド、スムースベゼルの

Ref.116200と116234、

ついでに4桁5桁もひとくくりにして扱いましょうか。




c0284210_2215364.jpg
















私の中でデイトジャストを客観的に評価するなら、

















それは、












それは旗本退屈男です。

c0284210_22162451.jpg









はてなマークですかね?







なんで旗本退屈男なのか。







国産Sのガスステーションさんではありませんが、
デイトジャストはロレックスの中でも、
シンプルイズザベストを体現した完成度の高さゆえ、


そんな点で見た目に遊び心に乏しく、
退屈に感じてしまう時があるからです。






国産SやC囲まれてしまうと、没個性感丸出しになる
退屈さも併せ持つ存在。

c0284210_22451947.jpg






俺師匠ブログに掲載されたこの写真(山田様より)は衝撃的でした。
すみません、お借りしました。


以下、俺師匠のブログ記事
☆山田さんの中年闘魂三銃士見せてもらいました。






写真のとおり、旗本衆に紛れてしまえば
ただの暇したイチ旗本に過ぎなくもないような
悲しい姿をさらすのです。




写真には驚愕させられましたが、







しかし、遊馬は言いたい。







それは、それだけビジネススーツに染まる、
相性の良さの証てはないかと。







それはビジネスシーンでの信用度、
信頼感を示すデザインであることも意味するかと。
これは永年、外観デザインに大きな変更を
してこなかったことによる一因もあるかもしれません。





変わらなかったことによるビジネスシーンでの
認知度、違和感のなさ、安心感、落ち着き度合い、
品のよさは、抜群なのです。









まさに、旗本退屈男、直参旗本・早乙女主水之介の
トレードマークである額に受けた

三日月型の「天下御免の向こう傷」ばりに、
ロレックスデイトジャストは、ビジネスシーンで
許容されるのです。



c0284210_22172027.jpg





ビジネス許容される落ち着き感という点では、
無味乾燥なモデルに感じる方もいるかもしれません。



ロレックスにここ数年でハマり始めたレベルや
デカ厚ブームに流された者、
それはまさに濃い味に慣れた者には、
まったく味が足りない的な印象を覚え、
退屈なモデルに思われるのかもしれません。





常に退屈の虫が鳴いているのう(笑)
という羽目になりますから。









だから現行好きに多い、
流行に敏感なミーハーな方には、まったく向きません。






しかし、永くロレックスを所有してきた者からすると、
繊細な味わいなのです。



c0284210_22175133.jpg





でも、そんな退屈さがビジネスシーンでの
許容度合いの高さにもつながり、
実用性、本当に永く飽きのこない使い方がで
きるんですけどね。





そのあまりの完成度の高さ、一目見てわかるデザイン。




なぜかデイトナやサブマリーナは、パチもんが氾濫するけれど、
デイトジャストはほぼ皆無な付加価値。




デイトジャストを買う、
使おうというニーズを持つ人間は
パチもん買う理由ないですから。

オンタイム利用でパチもんデイトジャストは恥ずかし過ぎる。
バチもん買うくらいなら、セイコーやシチズンを
パチもんと同じ値段帯で買えば良いわけで。

これがパチもんの氾濫がない理由、
遊び時計度合いが高いデイトナやサブマリーナとの
差異が生まれる理由かと。







そしてさらに、遊馬がデイトジャストを単に、
退屈なモデルと言わず、旗本退屈男と言った理由があります。






今回はだいぶ話が長くなりましたので、この続きは
次回記事で。






次回は、退屈の虫を撃退するロレックスデイテジャスト
の楽しみ方を紹介します。




今回も最後までお読みくださり、ありがとうございました!!


執筆応援の一押し↓↓、ぜひお願いします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



過去のはじけ系、評価記事を読みたい方は

こちら ↓ ↓

ロレックスディープシーの評価(Ref.116660)

ロレックス グリーンサブマリーナの評価(116610LV)

ロレックス デイトナの評価

ロレックス人気ランキング

ロレックスに関する心配、買い時は

グリーンサブマリーナ発掘とその評価








ROLEX Datejust Ref.116200 - Rolex Forums
Talk about Rolex Style. The blog is Rolex Street 6098.

当ブログは、ロレックス専門ブログです。
[PR]
by asmars | 2013-08-08 23:18 | ROLEX